RS GAME 52 ウォリアーズ | 【NBA】SPURS-GYM

RS GAME 52 ウォリアーズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はホームでウォリアーズとの対戦です。

試合結果

逆転負け。。。

試合内容

ウォリアーズはアウェイの連戦のため主力のほとんどが欠場です。

1Qはマクダーモットを中心にアウトサイドシュートが効率的に決まりリードを奪います。

ウォリアーズのアウトサイドも決まり始めますが、ペイントエリアを効果的に攻めリードを保ちます。

ロニーの3とプリモのチップショットもあり6点リードで終了します。

2Qは両チームともアウトサイドシュートが向上で点の取り合いとなります。

途中ミスが重なりオフェンスリバウンドから の失点が続き4点リードまで詰め寄られますが、マレーとケルドンの連続得点とヴァセルの3で再び突き放します。

8点リードで前半を終了します

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

3Qはウォリアーズのアウトサイドシュートが好調で一時1点差まで詰め寄られますが、ロニーのブロックから流れが変わります。

ケルドン、ヴァセルの3とロニーのハイライトダンクもあり一気に突き放します。

15点リードで終了します。

4Qは序盤はホワイトの3もありリードを保ちますが、中盤にミスが目立ち始めると一気にウォリアーズの流れとなり、クラッチタイムには同点に追いつかれます。

クラッチタイムでもその悪い流れは止まらず ルーズボールから逆転3を許し、まさかの逆転負けとなりました。

試合の印象

終盤のミスが痛かった

序盤から両チームともアウトサイドシュートは好調で点の取り合いとなっていましたが、3Q中盤からは徐々に主導権を握り15点差まで離しましたが、 ミスが原因でオフェンスが停滞して逆転負けを喫しました。

4Qは16点しか決められませんでした。

主力選手がほとんど不在のウォーリアーズでしたが、チームのコンセプトは大きく変わらず、終盤まで粘り強く素晴らしいオフェンスを見せました。

スパーズの詰めの甘さと油断、チーム全体の完成度の差を見せられる結果となりました。

まだまだ乗り越えるべき壁は多そうです。

ポップも終盤のオフェンスがひどかったと振り返っています。

マレーも6TOをしてしまったことに反省しています。

ポジティブな要素としてはプリモがローテーションに入り結果を残しているところです。

今のスパーズにはないスキルセットを持っているため、 どんどん経験を積んで主力に成長していって欲しいですね。

3Qまでは良かっただけに残念な結果となりますが、次に切り替えるしかありません。

壁を乗り越えていきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. 吉味淳良 より:

    勝てる相手(GSW主力だーれも出てないからね)には確実に勝っておこうよ・・・ま、タンクしたと思って諦めますかね。
    ライジングスターズにSASから誰も選ばれませんでしたね。ガッカリですわ。マレーもリザーブ枠のダークホースって言われてて選ばれなさそう↓
    あと、ヤングのトレード絶対纏めて欲しいです。バイアウトは止めてくれ

タイトルとURLをコピーしました