プリモが注目の1巡目指名選手に選出! | 【NBA】SPURS-GYM

プリモが注目の1巡目指名選手に選出!

スポンサーリンク
SASコラム

2021年の60人のドラフト指名選手のうち、24人が今シーズンGリーグで少なくとも5つのゲームをプレイしました。

そのうちの何人かはGリーグショーケースで潜在能力を披露しました。

2021年の1巡目指名選手はNBAのローテーションプレーヤーにステップアップできそうな選手はいるだろうか?

ESPNのマーク・シュミッツ記者はGリーグからNBAにコールアップされた場合、活躍を期待できる選手リストを紹介しました。

その中ではサンアントニオ・スパーズのガード、 ジョシュアプリモが紹介されました。

専門家たちからも高い期待を寄せているようです

11位指名で納得の高いポテンシャル

ジョシュ・プリモはスパーズに全体12位指名を受けましたが、クリス・デュアルテ、コーリー・キスパートまたはモーゼス・ムーディなどの大学で実績があるロッタリー選手よりも先に指名されたことで波紋を呼びました。

スパーズフロントはプリモがあと1年大学に残るとしたら、2022 年ドラフトではトップ5で選択されている可能性があると判断しました.

プリモを評価していた人々は、アラバマ大ではキャッチ&シュートの役割に徹していたが、スカウトの評価よりもはるかにショットクリエイト能力を持っていると評価しました。

その判断は間違っていなかったようです。

先日ラスベガスで行われたGリーグショーケースでGリーグイグナイトと対戦しました。

同学年のダイソン・ダニエルと2022ドラフトTOP5指名予想のジャーデン・ハーディを圧倒しました。

この日のプリモは、キャッチからの3P、ピック&ロールでのスピードの変化、ミドルレンジでの上昇、ペイント内でのスクープショット、ボールスクリーンからのローラーやウィングシューターへの対応力などを見せつけました。

プリモはまた、ディフェンダーとしての可能性を見せ長さと改善されたフレームを使用してジャンプショットとリムの周りのフィニッシュを許さず、ヘルプサイドディフェンダーとして相手を苦しめました。

ただ最近19歳になったプリモですがまだ課題は多いです。

ピック&ロールからのターンオーバーが多く、ラスベガスで 1 試合 7ターンオーバーを記録しました。

まだサイズがある相手への対処法が完全ではなく、フィジカル負けする場面も多いです。

ディフェンスではボールウォッチャーになったりボックスアウトが不十分な場面が見られます。

しかしそれ以上にプリモの才能は攻守ともに非常に魅力的です。


長期的に考えると楽観的になれる才能を持っています。
ラスベガスでそれを見せました。

スパーズはまだプレイオフを争うチームの一つです。


マレー、ホワイト、ケルドン、ロニー、ヴァセルなどペリメーターの選手が豊富なチームでは、G リーグでの成功は2022 年に出場時間を獲得するために十分なのだろうか?

プリモは、Gリーグショーケースに続くピストンズ戦で、2本のスポット3Pと試合終了後のステップバックをたたき込み、15分間でNBAキャリアハイの9得点を記録しました。

ジャズ戦では4分間の出場でしたが競争力のあるゲームに持ち込む貢献しました。

このようにプリモの成長は、ドラフト上位選手であることと、長期的な可能性を感じさせることから、リーグ全体のスカウトが残りのシーズンを注視しています。

— マイク・シュミッツ

他にもジャレン・ジャクソンやカイ・ジョーンズの名がありましたが、評価内容は全体的にプリモの方が高評価でした。

これからの成長が非常に楽しみです。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました