新シーズンの新しい方向性は?~気になる選択肢~ | 【NBA】SPURS-GYM

新シーズンの新しい方向性は?~気になる選択肢~

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオ・スパーズは4年連続の負け越しシーズンに向かっている予想ですが、少なくとも2023年の真の方向性は見えています。

デリック・ホワイトとデジャンテ・マレーのトレードを筆頭に、フロントオフィスが行った様々な人事の動きは、新たな試練の時代の到来を告げています。

平均年齢が24歳を下回る新生スパーズは、これから多くの試練に直面し、その過程で多くの厳しい学習レッスンがあることは間違いないでしょう。

27シーズン連続で指揮を執るのは73歳のグレッグ・ポポビッチHCです。

スパーズがロッタリーに縛られているというコンセンサスは事実ですが、サンアントニオに無駄なシーズンではありません。

ロスターは10月19日までに15名+2way契約組2名に削減する必要があります。

トレーニングキャンプは、おそらくカットする選手を選択する重要な部分となります。

しかしシーズンが始まるとポポビッチHCはチームの将来のために大きな決断があるでしょう。

1. ジェレミー・ソーハンはすぐにでも先発させるべき?


サンアントニオ・スパーズは、ドラフトで将来像を見据えた指名を行います。

優れたディフェンス本能を持つ万能フォワードを獲得したことは、嬉しい偶然ではありませんでした。

このチームにおいてサイズがあるフォワードを補強すべきなのは明らかでした。

彼らは最終的に昨年の6月から目をつけていた可能性があります。

ジェレミー・ソーハンは、NBAで通用する選手です。

オフェンス面やシューティングゲームは時間がかかる場合でも、他の複数の方法でゲームに影響を与える能力を持っています。

現時点でも昨シーズンのスターターFの2人よりもディフェンダーとして優秀であることは間違いありません。

ソーハンは早々にディフェンダーとして頭角を現してスターターに定着するのか、もしくは昨シーズンのスターターの2人がDFを改善させるのか、楽しみな競争が見られるでしょう。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

2. スパーズの未来のポイントガードは誰になるのか?

スパーズは今しばらくの間、かなりガード過多の状況でした

ただ今年のオフにすべてが変わりました。

オールスター選出のデジョンテ・マレーがトレードされたことで、スターターPGは空いたスポットとなりました。

スターターを目指して新しい競争が始まります。

今シーズンの先発PG候補はワイルドカード、実験的な選択肢、および安全な選択と3パターンが想定されています。

ワイルドカードはスパーズが今夏のドラフトで指名したばかりのブレイク・ウェズリーです。

サマーリーグではアシスタントコーチのミッチ・ジョンソンが、プリモやブラナムもコートにいるときでも、何度もウェズリーにボールを持ち込ませてオフェンスを組み立てていました。

その結果首をかしげるようなターンオーバーと、いくつかのビッグタイム・ショットと印象的なプレーが混在することになりました。

ポポビッチHCにとって、先発ポイントガードの役割を担う実験的な選択肢はプリモです。

プリモは公式にはスモールフォワードとされていますが、バックコートのすべてのポジションを十分にこなすことができるようです。

特にターンオーバーでミスを犯す可能性が高いですが、プリモがどのようにオフェンスをコントロールできるかを見るために、ポップがプリモを実験的に起用するのは目に見えています。

この役割のための安全な選択は、トレ・ジョーンズでしょう、

彼は昨シーズン、彼の兄以外のNBAの誰よりもTOが少ない選手でした。

彼は信頼性の高いジャンパーを欠いていますが、ポイントガードとしてよく他のすべてについて実行できます。

現時点ではPGとしての資質はトレが上です。

たくさんのケースがあります。

プリモはチームが彼に期待する活躍ができるのか、自身で証明する必要があります。

NBA在席5年以上のどの選手がサンアントニオでシーズンを乗り切るのか?

2022-23シーズンに向けて、現在スパーズのロスターにはリーグ在籍5年以上の選手が4人います。

ダグ・マクダーモット(8)、ジョシュ・リチャードソン(7)、ヤコブ・パートル(6)、ジェン(9)となっています。

ジェンおそらくビッグマンの保険として契約しました。

おそらくトレード価値は低いです。

ヤコブは最もトレード価値と可能性が高いです。

特にペイントエリアで課題があるチームにとって魅力的な選択肢になります。

マクダーモットはノックダウンシューターとして経験があります。

スパーズはおそらく彼の契約からトレードすることを躊躇しないでしょう。

特に彼らは他の選手で彼の位置を埋めているように見えています。

このトリオのうち少なくとも1人はトレード期限までにいなくなるでしょう。

再建シーズンの初年度、何が起こるか目が離せません。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました