ケルドンが減量した真の意味は?〜さらなる進化へ〜 | 【NBA】SPURS-GYM

ケルドンが減量した真の意味は?〜さらなる進化へ〜

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズのフォワード、ケルドン・ジョンソンは4年目のシーズンを迎えます。

先日プレシーズンマッチで元気な姿を見せました。

そこでは昨シーズンとは異なるパフォーマンスをみせて周囲を驚かせました。

昨シーズンと比較すると体が良く絞られており、攻守両面においてクイックネスが増した印象でした。

この変化の要因となったのはシーズンに取り入れた食事療法でした。

スキルセットの進化とともに約10kgの減量に成功しました。

ケルドン本人も体の変化によい手応えを感じているようです。

とてもいい感じだよ。 間違いなくゲームを変えられると感じるよ。


減量は6月にスタートしたんだ。

栄養士、パフォーマンス・サイエンティスト、そしてシェフと一緒に取り組んだ。

まずは食事を切り替えた。


チックフィラやガスのフライドチキンのような ファーストフードが大好きだったんだけど、全てカットしたんだ。


最初は体が慣れるまでチキンライスやビーフライスメインで、そこから(食事を)広げた。あと週に一度、チートデイを自分に許しているんだ。

あまりクレイジーなことはしない。何か特別なものを自分にご褒美として与えるだけだよ。


体重が減ったことで体が軽くなって爆発力が増した感じだよ。

それ以外でもより強くなったと感じているね。

バスケットボール選手として、あらゆる面で役立っていると感じているよ。

ケルドン・ジョンソン

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

減量の目的は?

減量した目的は来シーズンの役割の変化でした。

オフシーズンロスターの大きな変化がありました。

フロントコートの層が厚くなりました。

ケルドンはここ2シーズンPFポジションでプレーすることが多かったですが、今シーズンは3番(ウイング)での起用が見込まれています。

ポップは今年のケルドンについて、このプレシーズンの初めに語りました。

ケルドンはウィング プレーヤーだ。

彼は4番(PF)じゃないからナチュラルポジションでプレーするべきなんだ。

彼はより素早くなりになり動きが良くなった。 間違いなくもっと良い選手になるね。

グレッグ・ポポヴィッチ

昨シーズンはアウトサイドシュートの改善を見せ平均得点が12.8ポイントから17ポイントに引き上げる要因となりました。

今シーズンはより役割が増えハンドラーとしてのスキル向上が求められています。

そのためにも減量してクイックネスを改善する必要がありました。

早くもプレシーズンから結果が出ておりアイソレーションからファールを引き出したり、 クイックネスがあるガードを上手くディフェンスすることができるなど、プレーに良い影響が出ています。

減量によりフィジカルが低下する懸念はありますが、それよりもメリットの方が多いです。

体重が減ったとしても、ケルドンはまだビッグボディです。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました