スパーズはまだタンクするのか?〜2種類のタンク〜

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズは昨シーズン終了後、フリーエージェンシーに向けて膨大なキャップスペースを持ち、ファンたちはワクワクしていました。

スパーズはブルース・ブラウンやフレッド・ヴァンヴリートをポイントガードとして獲得するのでは?

グラント・ウィリアムズやキャム・ジョンソンはウェンビーと一緒にスペースを広げるストレッチフォーとしてプレーする?

ブライアン・ライトGMはハーブ・ジョーンズやオースティン・リーブスの契約金を高騰させて他のウェスタン・カンファレンスのライバルを困らせるのか?

可能性はいくらでもありました。

ファンの心は高鳴りました。

しかし、フリーエージェントのサインがツイッター上で発表される中、ファンのワクワクは次第にささやき声となってしまいました。

目次

明確な将来への当時

スパーズは大物FAとの契約ではなくデマー・デローザンとのサイン&トレードで始まった最良の手法を守りました

それは、構想外の選手をドラフト指名権として受け取ることです。

このムーブは昨シーズンから続いており次の選手たちがロスターにいる状態です

  • デヴォンテ・グラハム(4つの2巡目指名権:ジョシュ・リチャードソンとのトレード)
  • ケム・バーチ(トップ6保護付き1巡目指名権と2つの2巡目指名権、そのうちの1つはシディ・シソコ:ヤコブ・パートルとのトレード
  • レジー・ブロック(ダラスからの2030年の1巡目指名権スワップ)
  • セディ・オスマン(2026-27年のマイアミ・ヒートとの2巡目指名権交換)
  • キャメロン・ペイン(キャッシュ)

これらの選手の獲得目的は、将来の数シーズンでスパーズを向上させることではありません。

これらの選手は来年の夏の終わりまでスパーズに残ることはないと考えても安全でしょう(グラハムは契約が2年残っていますが、2024年7月1日までに解雇すればわずか2.85Mが保証されるだけです)。

さらにスパーズがシーズンのトレード期限までにこれらの選手をゼロにすることを目指していると考えられています。

これには多くの疑問や懸念が生じます。

たとえば、これらの選手を他のドラフト資産に交換することは難しいでしょう。

他のチームはサンアントニオが成長を重視していることを知っており、「待ち構える」ことでスパーズに難しいロスターの決定を強いる可能性があります

スパーズはさらなる数人の選手を解雇する覚悟があるのでしょうか?

オフシーズンの残りの部分は興味深いですが、今シーズンのチームの方向性は明らかなようです。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

スパーズはまたタンクするのか!?

現段階では上記の選手たちが解雇されるか、トレードされるか、もしくは今シーズンの勝利に大きく貢献しないと仮定しています。

したがって、サンアントニオはダグ・マクダーモットを「チームのメンター」として、若手の育成プロジェクトを中心に進んでいくと予想されています。

このチームはカンファレンス内の他のチームに対してどのくらい良いのでしょうか?

ドラフトキングスはスパーズの勝利数を30.5勝に設定しており、ウエスタンカンファレンスでは最も低い数字です。

もちろんPORがダミアン・リラードをトレードする可能性を考慮していません。

ドラフトキングスとPORのトレードの可能性を考慮すると、ウェスタンカンファレンスの下位5チームの来季予想は以下の通りです:

  • POR:デイムの去就次第
  • SAS:PORのトレードが起きた場合ロスターにオールスターやオールNBA選手がいない唯一のチーム。
  • HOU:フレッド・ヴァンブリート、ディロン・ブルックスなどにお金を投じたチームです。
  • UTA:オールスターのマルカネンが再びリードする準備をしており、前シーズンよりも改善が期待できる
  • OKC:オールNBAのガードを持ち、将来有望なメンバーとホルムグレンがデビューする準備をしている。

ドラフトキングスはリーグ内の下位11チームのうち8つがイースタンカンファレンスに属しているとしていますが、多くのNBAファンは、サンアントニオをリーグ内の下位8チーム以下と見なしていることが確実です。

論理的にはスパーズはプレーオフに進むチームではなく、フリーエージェントの獲得がないことを考慮すると、今シーズンは成長に重点を置いていると言えます。

リーグ内の下位25%のチームが成長に重点を置いている場合、別のレベルのレッテル「タンキング」へと滑り落ちる可能性があります。

なぜならチームに優れた選手がいるため、適用されるからです。

とはいえNBAは非常に才能が豊富であり、トップの有望な選手たちは非常に若い年齢でNBA入りします。それゆえ、サンアントニオ・スパーズは次のシーズンには多くの試合に負けることになるというのは論理的な結論です。

そこで、最近のNBAの変化を考慮して【タンキング】や【開発】シーズンについて考察したいと思います。

2種類の【タンキング】

この記事の筆者は、伝統的タンククラッシュタンク で分類しています。

伝統的タンクは最初からロスターが限られており、開発のためにプレイタイムを割り当てることが明らかです。

おそらく勝利数が少なく、ファンはシーズンの大半を次のドラフトを夢見て過ごします。

スパーズは昨シーズンと26年前これをやり遂げて、しかも成功しました。

一方クラッシュタンクは異なります。

これらのチームはプレーオフやプレーオフトーナメントへの夢を持っていますが、さまざまな理由(怪我、ケミストリーの問題など)により、組織は方針転換を決定して、できる限り順位を下げることを選択します。

最近の2シーズンでPORはクラッシュタンクを実施しました(かなり成功しました)。

そして2023年は非常に印象的なシーズンでした。

PORは最後の17試合のうち15試合を負け、ダミアン・リラードを最後の10試合で欠場させて、リーグで5番目に最悪の記録を持つようになりました。

そしてドラフトロッタリーの運の良さにより3位指名権を獲得し、多くの人々が2番目に高い評価を受けた選手を指名しました。

スパーズは次のシーズンにクラッシュタンクするのでしょうか?

PORが5番目に最悪の記録でシーズンを終えたことが驚くべきことは、PORが33勝を挙げたことです。

33勝は30年間で3番目に多い勝利数であり、33勝のチームは通常は8位または9位で指名権を得ることがありますが、その範囲のチームは通常はタンクチームとは見なされません。

来季のスパーズは30試合以上勝利して5番目に優れた確率を得ることが理想です。

シーズンのほとんどを勝ち続けて、残り6週間を評価することです。

今後数シーズンにわたって、プレーオフトーナメントが機能していることを支持するデータが増えるかもしれません。

具体的には競争心を醸成し、シーズンの大半を上位18位から25位のチームを引き上げるでしょう。そして、状況が見通しの立たないものになった場合、これらのチームのいくつかはトレード期限後にクラッシュすることで、ロッタリーの確率を最大化するでしょう。

スパーズはこのシーズン、伝統的なタンクとクラッシュタンクの境界線に位置していると思います。

選手が著しい成長を遂げれば、プレーオフトーナメントは素晴らしい学びの経験になるでしょう。

そうでない場合、非常に高い指名権を得ることも素晴らしいことでしょう。

来シーズンはどちらに転んでも最高のシーズンになるでしょう。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次