ブライアント・ライトGMの評価は? ~適切な選択~

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズのブライアン・ライトGMは、2019年に就任して以来フロントオフィスに新たな風を吹き込んでいます。

彼の決断については一部のファンの間で議論がありますが、チームの進展後に彼の意思決定に疑念を抱くことは難しいでしょう。彼はビクター・ウェンバンヤマを指名し、貴重なドラフト資産を多く追加しました。

ライトは優れた若手選手のコアを築くだけでなく、この才能あるチームを信頼性のあるベテランで強化するために、ビジネスに精通したトレードを多数実行しました。

40歳のライトはスパーズの関係者からの信頼を得ており、その卓越した実績によりYahoo Sportsから非常に高い評価を受けています。

このYahoo Sportsの記事ではベン・ロールバッハ記者が「ダニー・エインジ・システム」と呼ぶ方法を使用して、NBAのすべてのゼネラルマネージャーをランク付けします。

このプロセスではドラフト指名、トレード、フリーエージェント契約をシングル、ダブル、トリプル、ホームラン、四球、三振のスケールで評価し、それに基づいてサイバーメトリクスの数値を算出します。

これを踏まえてライトがGM仲間の中でどの位置にあるかを見てみましょう。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

GM達の中でも評価が高い

ライトはこれらのランキングで傑出した仲間入りを果たしており、パット・ライリー、サム・プレスティ、デヴィッド・グリフィンなどの著名なフロントオフィスのリーダーたちを抑えて3位を確保しています。

スパーズはトレード市場には消極的とされていましたが、5年目のライトGMはカンファレンスをまたいでファンのお気に入りな選手を補強し、全面的な再建の契機となる契約を結び、組織を大幅に見直しました。

ベストムーブ

• 2020年デビン・ヴァッセルを11位指名でドラフト

• 2022年ジェレミー・ソーハンを9位指名でドラフト

• 2021年にザック・コリンズと3年契約を結ぶ

ワーストムーブ

• 2021年に12位指名でジョシュ・プリモをドラフト

• 2021年に41位指名でジョー・ヴィースカンプをドラフト

• 2022年にデリック・ホワイトをボストン・セルティックスにトレード

このアプローチには疑問の余地はありますが、ロールバッハ氏は、これらのトレードにおける成功や失敗を徹底的かつ公平に評価しました。

ライトはまだサンアントニオでの豊富な成功実績を持っていませんがキャリア初期段階で十分な業績を上げ、RCビュフォードのようなレジェンドの足跡を継ぐ準備が整っていることを示しています。

これからの手腕にも期待しましょう。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次