P.ジョージ「新人王はウェンビーではない」

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズのルーキー、ヴィクター・ウェンバンヤマはNBA界を席巻し、リーグ次世代の選手と考えられています。

2023年のサマーリーグでは2試合合計成績は36得点、20リバウンド、8ブロック、3アシストで、FG成功率は41%でした。

フランスリーグのメトロポリタンズ92では、2022-23シーズンにおいて、平均21.6得点、10.4リバウンド、3.2ブロックを記録しました。

しかし、これはクリッパーズのポール・ジョージには不十分であり、ウェンバンヤマはNBAの新人賞を獲得しないと考えています。

新人賞争いは「ポッドキャストP with ポール・ジョージ」で話題になりました。

クリッパーズのフォワードに尋ねられ、誰が新人賞を獲得すると思うかと彼は尋ねられ、サンダーのチェット・ホルムグレンを選びました。

これは出場時間とNBAでの学習カーブにかかっているとのことです。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

チェットを選ぶよ。なんでかって?来季長いプレータイムになると思うんだ。それにOKCは勝てるチームになりそうだからね。彼は守備も攻撃もやれるし、シュートもブロックもできる。

ちょっと洗練されてる感じで、Wembyよりも前に進んでいる気がするんだよ。

でも、Wembyもまだまだ成長の余地はあると思うよ。ただ、リーグに1年間いて、試合をたくさん見られるっていうのは、チェットにとってはかなりのアドバンテージになるだろうね。だから、私はチェットにかけてみるよ。

ポール・ジョージ

多くの人が、ウェンバンヤマの体格を考えると、スパーズは彼を来シーズンはしっかりと体力管理するだろうと考えています。通常、彼のような体格の選手は長いNBAのキャリアを持たないとされています。

ただし、賞を受賞するためには、来シーズン少なくとも65試合以上プレーする必要があります。すべての兆候は、彼がそれを達成する方向に向かっていることを示しています。

それにもかかわらず、この賞の競争は激しいものになるでしょう。

ウェンバンヤマとホルムグレンに加えて、スクート・ヘンダーソン、ブランドン・ミラー、アーメン・トンプソンなどがいます。

ウェンバンヤマには、”世代を超える”選手としての期待を果たすかどうか、またスパーズを永続的なプレーオフチームに戻すという期待を担うことが期待されています。

19歳のウェンバンヤマおそらく来シーズン多くの責任を負うことになるでしょう。

ウェンバンヤマが周りに取り囲まれた大きな期待に応えるなら、が次の新人王であることに疑いの余地はほとんどありません。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次