【2巡目】スパーズが面談・ワークアウトした選手リスト 2022 | 【NBA】SPURS-GYM

【2巡目】スパーズが面談・ワークアウトした選手リスト 2022

スポンサーリンク
SPURS

サンアントニオスパーズは日本時間6月24日の NBAドラフト2022に備えて、ドラフト指名候補選手との面談やワークアウトを開始しました。

このブログではスパーズがドラフト前に面談、もしくはワークアウトした選手を紹介していきます。

ちなみに昨シーズンも同じような企画を行いましたが、選手が多すぎてページが重くなったので、1巡目と2巡目(ドラフト外)予想の選手で分けてアップしていきたいと思います。

ちなみに昨年のドラフトでスパーズが指名したプリモとヴィースキャンプは、事前に面談やワークアウトを実施した選手でした。

【随時更新】スパーズと面談&ワークアウトを実施した選手リスト
6月20日にNBAドラフトコンバインが開幕しました。最近メディアとのインタビューの許可が降りたため、各チームがドラフト指名候補の選手達とコミュニケーションをとっています。スパーズもそのチームのひとつです。スパーズは...

また選手たちのプロフィールや情報の表示については、下記を参考にしてください。

  1. 出身大学と年齢
  2. サイズとポジション
  3. 大学のスタッツ
  4. プレースタイルと役割
  5. ドラフト指名予想順位

それでは今年もやっていきましょう!

2巡目指名予想選手

Keon Ellis

  1. アラバマ大学4年 22歳
  2. 198cm 79kg SG/SF
  3. 平均12.1ポイント、6.1リバウンド、1.8アシスト、FG%43.7%、3P%36.6%
  4. 3&Dのスウィングマン
  5. 2巡目上位〜中位

オフボールムーブやアウトサイドショットで得点を重ねることができるスイングマン。

FG成功率88.1%とシューターとしての期待値は高い。

プレイメイクとリバウンド力にも定評がある。

線が非常に細くオフェンスのクリエイト能力はあまり高くない。

プリモの先輩。

Darius Days

  1. ルイジアナ州立大学 4年 22歳
  2. 201cm 111kg PF
  3. 平均13.7ポイント、7.8リバウンド、0.9アシスト、FG%43.4%、3P%35.0%
  4. アウトサイドシュートが得意でフィジカルが強いPF
  5. 2巡目中位〜ドラフト外

がっちりとした体格で高いエネルギーのプレーとアウトサイドシュートが武器のパワーフォワード。

3年次には3P成功率40.0%を記録していた。

ルイジアナ州立大学でタリ・イーソンとともにチームディフェンスの中核を担っていた。

オフェンスでのクリエイトとパス能力が課題。

またPFとしてはアンダーサイズのであり、NBAレベルのサイズやスピードに対応できるかが疑問視されている。

プレースタイルからはミルサップを連想させる。

Michael Devoe

  1. ジョージア工科大学 4年 22歳
  2. 196cm 88kg SG
  3. 平均17.9ポイント、4.9リバウンド、3.1アシスト、FG%43.7%、3P%36.5%
  4. シュートスキルが高いスコアラー
  5. 2巡目〜ドラフト外

優れたシューティングスキルでスコアラーとしての評価が高く、完成度が高いSG。

現ペリカンズのアルバラードと共にチームを多くの勝利に導いた。

3ポイントを1試合平均6.2本放って、36.5%と高確率で沈めている。

身体能力は平均レベルでドリブルのファーストステップが速くないため、 スピードの面では苦戦する可能性が高い。

現ペイサーズのクリス・デュアルテを意識したようなプレースタイル。

Jeriah Horne

  1. タルサ大学4年 24歳
  2. 201cm 99 kg PF
  3. 16.1ポイント、6.9リバウンド、1.5アシスト、1.3スティール、FG成功率43.5%、3P成功率37.6%
  4. 豊富な経験とシュート力が武器のPF
  5. 2巡目後半〜ドラフト外

優れたシュート力を持つPF。

ディープ3からミドルレンジまで高確率に得点を重ねることができる。


大学バスケで6年目と経験は豊富でバスケットボールIQも高い。 優れたチームプレイヤーになる素質あり。


身体能力はそこまで高くなくNBAのスピードに対応できるかは疑問。
また年齢はすでに24歳と伸びしろは限定的。

Alex Barcello

  1. ブリガムヤング大学4年 23歳
  2. 188cm 83 kg PG
  3. 16.7ポイント、3.7リバウンド、3.2アシスト、0.9スティール、FG成功率45.1%、3P成功率42.1%
  4. シュート力が高いプレーメーカーPG
  5. 2巡目後半〜ドラフト外

優れたシュート力を持つPG。視野が広く落ち着いたプレーができフィニッシュもうまい。

ディープ3からフローターまで高確率に得点を重ねることができる。

TJマコネルのように優れたチームプレイヤーになる素質あり。

身体能力はそこまで高くなく、ファーストステップがそこまで早いわけではない。
伸びしろは限定的。

Dominick Barlow

  1. Overtime Elite所属 18歳
  2. 206cm 96 kg PF WS 216cm
  3. 14.8ポイント、5.9リバウンド、3.2アシスト、0.9スティール、FG成功率53.0%、3P成功率33.9%
  4. ポテンシャルが高いモダンPF
  5. 2巡目前半

NCAAからのオファーを断りOverTime EliteでプレイするモダンPF。


内外どこからでも得点ができて、身体能力が高くどのポジションでも守ることができる。


ここ最近評価が上がっている選手で、コンバイン次第では1巡目まで上昇する可能性も。


まだ全体的に荒削りなスキルセットであることや、所属しているリーグがNCAAやイグナイトよりレベルが劣るため、 未知数な要素が多い。

Terquavion Smith

  1. ノースカロライナ州立大学1年 19歳
  2. 193cm 75 kg SG
  3. 16.3ポイント、4.1リバウンド、2.1アシスト、1.3スティール、FG成功率39.8%、3P成功率36.9%
  4. アウトサイドシュートが武器のスコアラー
  5. 2巡目後半〜ドラフト外

得点力が高いショットクリエイター。
新入生にもかかわらずチーム1位の平均得点を記録した。 ポテンシャル十分。
ディフェンスでも運動量が多く1.4スティールを記録した。


サイズが小さくフィジカル負けする可能性が高い。

またショットセレクションと球離れが悪い。

Harrison Ingram

  1. スタンフォード大学2年 20歳
  2. 203cm 104 kg  WS 213cm
  3. 平均10.5ポイント、6.7リバウンド、3.0アシスト、0.9スティール、FG成功率38.8%、3P 成功率31.3%
  4. オールラウンドなビッグウィング
  5. 2巡目前半

NBAで即通用する理想的なフレームを持つビッグウィング。
攻守にハードワークができて、高いプレーメイキング能力を持っている。
リーダーシップが評価されている。


身体能力は平均的でシュート力が課題。

Moussa Diabate

  1. ミシガン大学 1年 20歳 フランス出身
  2. 208cm 95kg PF/C
  3. 9.0ポイント、5.9リバウンド、0.9アシスト FG成功率56.4%、3P成功率20.8%
  4. ポテンシャルを秘めたアスレチックPF
  5. 2巡目中盤〜ドラフト外

ハードワークとリバウンドでの貢献が高いアスレチックなPF。 リバウンドも強くフェイスアップからのオフェンスも悪くない。


フランス代表として各世代の代表チームでプレーしており国際経験も豊富。

シュート力は低くオフェンス全般が課題。
ディフェンスではフィジカル面や横方向への移動が課題。

新しい情報が入り次第随時更新していきますので、こまめにチェックしてみてください。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました