サラリーキャップのおさらい 〜 今後のことを考える 〜 | 【NBA】SPURS-GYM

サラリーキャップのおさらい 〜 今後のことを考える 〜

スポンサーリンク
SASコラム

オフシーズンに突入してまもなく 2ヶ月ほど経過しますが、スパーズファンにとっては NBAドラフト、フリーエージェント解禁とビッグイベントが待っています

先日ドラフトロッタリーが開催され、サンアントニオスパーズは4つのドラフト指名権を確定させました。

ただ現在のロスターやサラリーキャップ、フリーエージェント解禁後のシナリオを考えると様々なことが起こるでしょう。

そこで今回はPOUNDING THE ROCKで紹介された記事を元に、現在のサンアントニオスパーズのサラリーキャップやロスターの状況について確認します。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

現在のロスターは?

次の図は現在のロスターのサラリーキャップの状況です。

バスケットボール・リファレンスより引用

2023年のシーズンのサラリーキャップは122 Mと予想されており、 Luxury Taxは140M に設定されています。

次に各選手を契約別に紹介していきます。

サラリーが完全に保証された選手

POUNDING THE ROCKより引用

スパーズには来シーズンが完全に保証された契約を結んでいる選手は8名います。

8名の合計サラリーは約70Mです。

この中でケルドンジョンソンとロミオラングフォードは、このオフシーズンに契約延長を行う資格があります。

この延長契約のサラリーは来シーズンのサラリーキャップには影響しませんが、フリーエージェントや他のプレイヤーの契約内容に影響を与える可能性があります。

部分保証・非保証契約の選手

POUNDING THE ROCKより引用

ザックコリンズはサラリーの半分が保障されています。

コリンズは今シーズンの後半に怪我から復帰しましたが、非常に良いパフォーマンスを見せています。

カットする可能性は非常に低いでしょう。

次にサラリーが保障されていない選手が3名います。

この中でも最も保証される可能性が高いのは、トレジョーンズです。

トレは今シーズン、バックアップポイントガードとして定着しました。

オフェンスではまだ改善の余地がありますが、ディフェンス面やドライブ能力、ターンオーバーの少なさはチームの大きな武器となっています。

KBDとランデールは五分五分といった評価のようです。

今シーズンこの二人は素晴らしい活躍を見せた試合もありましたが、完全に信頼を勝ち取ったとは言えない状況です。

ドラフトの結果やFAの契約によって大きく左右されるでしょう。

フリーエージェントの選手

POUNDING THE ROCKより引用

※キャップホールド:自分のチームから FA になった選手の前年のサラリーに 特定の倍率をかけたものでチームの合計サラリーに一時的に計上されるもの。

これらの選手達は来シーズンの契約は保障されていません。

この中で重要な選択を迫られているのはロニーウォーカーです。

ロニーは制限付きFAという立ち位置ですが、チームと新しい契約を結ぶか未定です。

もしロニーをキープする権利を放棄した場合、制限なしFAになることができます。

また他のチームのオファーシートにマッチすることで契約延長を結ぶことができます。

ただロニーの去就はドラフトの結果で大きく左右されるでしょう。

もし9位指名権でマシュリン、AJグリフィン、ジョニーデービスのような将来有望なウイングを獲得した場合、ロニーをキープする可能性はかなり下がるでしょう。

またヴィースキャンプはオフシーズンにスパーズのコーチと練習していたこともあり、2way契約で再契約する可能性が高いと予想しています。

ちなみに今年のドラフトで指名された選手のサラリーは、以下のようになっています

POUNDING THE ROCKより引用

どうなる見通し?

現地の記者やスパーズファン、私個人の考えを参考にしたロスターでは

  • 完全保証契約の8名
  • コリンズ、トレ、KBDをキープ
  • ドラフトで2人指名(トレードアップ)
  • 12〜3名のプレイヤーと契約を結ぶ
  • 2way契約はヴィースキャンプ&2巡目

そうすると、サラリーは87M程になります。

ちなみにサラリーキャップが122Mであるため、スパーズのキャップスペースは35Mほどとなります。

空いたキャップスペースでフリーエージェントと契約、ロニーの延長契約をオファー、 他のチームの高額サラリー選手を引き受けて将来の1巡目指名権に変えること、などができます。

そのため、何名かの選手とは契約解除する覚悟が必要です。

ただチームの将来のためには、 必要な動きとなるでしょう。

ドラフトでの動きによってチームの将来が大きく変わることとなるでしょう。

期待と不安が混じるオフシーズンはまだ始まったばかりですので、注意深く見守っていきましょう。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. パパさん より:

    9位でマチュリンやグリフィン、ディビスを指名するのかな?チームのニーズに合ってないですよね?残ってるプロスペクト達の中でベストを選ぶって事ですかね?ん〜、ソーハン指名した方が良いんじゃネ?SGやSFは要らんのじゃ!!

    • マッツ より:

      ロスターのニーズからするとソーハン、イーソンですね。。。
      フロントがどう考えるか。。。

タイトルとURLをコピーしました