キャッスル「スパーズからチェックされていたとは知らなかった」

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズがNBAドラフトでステフォン・キャッスルを4位指名した理由は簡単に理解できます。

キャッスルは198cmのサイズでコネチカット大学のレギュラーシーズンで平均11.1得点、4.7リバウンド、2.9アシストを記録しました。

さらに彼の素晴らしい守備力を加えると、スパーズは再建期のポイントガードを見つけたかもしれません。

しかしキャッスルによると、スパーズはキャッスルがコネチカット大でプレーする前から注目しており、高校時代から彼をスカウティングしていたようです。

高校生の時はただプレーすることだけを考えていたんだ。サンアントニオに入団して、やっとスパーズのスタッフがずっと見ていたことがわかったよ。

このポジションにいることに非常に感謝している。

多くの子供たち、特に高校生は先のことをあまり考えないんだ。

今振り返ってみるとこのポジションにいるとは思ってもいなかったよ。

これまで経験してきた努力が報われた感じがしたよ。

ステフォン・キャッスル

キャッスルはNBAの経験を積むことで、すぐにサンアントニオに影響を与える可能性があります。

キャッスルは勝利するプログラムから来ており、優れたカレッジコーチであるダン・ハーリーのもとでプレーしました。

また2022年のチームUSA FIBA U18アメリカ選手権で金メダルを獲得しました。

6月29日スパーズはビクトリーパフォーマンスセンターでハリソン・イングラムとステフォン・キャッスルを紹介する記者会見を行いました。

しかしスタッツやサイズを超えて、キャッスルはスパーズに適したキャラクターを持っているとスパーズのブライアンライトGMは語りました。

彼は犠牲を払う意欲があり、静かで冷静な性格だ。

彼のチームメイトからもその情報は聞いていたよ。

彼のことを初めて知ったわけではない。高校時代から彼を見ていて非常に評価の高い選手だった。

キャリアを通じてチームのために自己犠牲を払う能力は、私たちにとって重要な要素だ。

彼はタフで賢く、チームファーストの姿勢を持つ努力家だ。

彼が18得点した試合でも6得点の時でも、チームメイトのために熱狂していた。そのロッカールームでの彼の姿勢には多くのポジティブな要素があるよ。

ブライアン・ライト

コネチカット大学の経験は大きい

コネチカット大学でのプレー経験がスパーズへの移行を助けるでしょう。

彼はビッグマンのドノバン・クリンガンと共にプレーし、2024年のNCAAタイトルを目指してチームのために尽力しました。

キャッスルがフランチャイズの再建にとって適切なポイントガードであるかどうかはまだ分かりません。

それでも忍耐強く努力家であるキャッスルは、次々とNBAでの困難を乗り越えていくでしょう。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

美味しくて手軽にタンパク質が取れます!

【inバー プロテイン ベイクドビター味】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次