GAME 37 @ブルズ | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 37 @ブルズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェイでブルズとの対戦です。

スパーズは現在ロードトリップ中です。

あと3試合ロードゲームが続きます。

試合結果

SPURS WIN !!!

大逆転勝利!!!

試合内容

今日もデローザンは欠場です。

キャブス戦での復帰が濃厚とされています。

序盤はスパーズのシュートが全く入らず、 ブルズはアウトサイドから確実に3ポイントを沈めリードを大きく奪われます。

ヤコブのインサイドで奮闘しますが、リズムが作れず13点ビハインドで1Qを終了します。

2Qはセカンドチャンスからリズムをつかみ一時リードを縮めますが、 ターンオーバーからリズムを失い、一時23点ビハインドに変わります。

終盤にホワイトの3Pとフリースローで何とか繋ぎ、19点ビハインドで前半を終了します。

後半は序盤からルディを起用して流れをディフェンスから取り戻そうとしますが、ペイント内でブルズの得点を止められずリードを縮められません。

シュートタッチが戻らないためドライブに切り替えてファールを稼ぐと、フリースローで徐々に点差を縮め、13点ビハインドで終了します。

4Qは序盤から積極的にフルコートでトラップをディフェンスをすると、そこからリズムをつかみ怒涛の反撃が始まります。

パティの3ポイント、ケルドンのリムアタックで一気に3点リードに縮めます。

勢いに乗ったスパーズはマレーのミドルレンジショットで22-2のランを記録すると一気に逆転します!

その後マルカネンの3ポイントで8点ビハインドまで離されますが、スパーズの勢いは止まりません。

厳しいディフェンス側のホワイトとマレーの連続得点で一気に再逆転し12点リードまで広げ、勝利しました。

23点ビハインドからの大逆転勝利!

序盤から3Qまで全くシュートが決まらずミスも目立ち、23点のビハインドを背負う苦しい展開でしたが、 最終クオーターでひっくり返す見事なカムバック勝利でした。

チームスタッツだけ見ても、なぜ勝てたのかが不思議です。

ほとんどブルズに負けています。

その勝因になったのがディフェンスです 。

スパーズは後半から戦略を変えました。

積極的にトラップディフェンスを対応してディフェンスのプレッシャーを強めました。 またシュートタッチが厳しいと判断してドライブからのオフェンスを増やしました。

最終クオーターにはフルコートプレスを多用してさらにプレッシャーを強めると 相手はパニックに陥り、オフェンスでのリズムを完全に失いました。

ポップの判断も素晴らしかったですが、 それをけん引したパティ、応えたヤングコアたちも素晴らしい活躍でした。

相手に立ちふさがったヤコブ

この試合チームハイの得点を記録したのは、何とディフェンシブセンターのヤコブでした。

高さでアドバンテージに取りオフェンスリバウンドからのプットバック、フローターを確実に沈めました。

ディフェンスでは特に4Qインサイドを支配して、ブルズのドライブを体を張って守りリバウンドを確実に取りました。

ペイント内をシャットアウトしました。

前半からの積極的なインサイドでのプレーが無ければブローアウト負けしていたでしょう。

それぞれの選手が役割を果たす!

またカムバックを引き金はケルドンとパティの豊富な運動量と積極的なアタックがもたらした得点でした。

この二人のエネルギーがチーム全体に エネルギーを与えて22-2のランを作り出しました。

チームに勇気を与える活躍でした。

また3Qまでは不調だったマレーとホワイトのバックコートデュオは4Qの力を発揮しました。

強力なディフェンスで 相手をシャットアウトして、クラッチタイムには高確率で二人ともショットを沈めました。

4Qだけで39-19と見事な試合運びでした。

デローザンが不在の厳しい状況でゲームをコントロールできたことは大きいです 。

選手たちは試合を経験するごとに成長していて存在感が増してきています。

デローザンが復帰すると思うとワクワクしますね。

デローザン不在の中でロード2連勝できました。

あと2試合ロードが続きますが、くれぐれも怪我はないように乗り切って欲しいですね。

次は中一日で キャブスとの対戦です。

このままいい流れで3連勝としたいですね。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました