ホワイトは実力を証明するシーズンとなるか? | 【NBA】SPURS-GYM

ホワイトは実力を証明するシーズンとなるか?

スポンサーリンク
SASコラム

昨年12月、サンアントニオ・スパーズがデリック・ホワイトと4年7300万ドルの契約を結んだとき、何を期待されているのかよくわかっていました。

しかし残念なことに、ホワイトはまだその契約に値することを証明する機会を得ていません。

ホワイトは昨シーズン、スパーズの72試合のうち半分を欠場して過酷なスケジュールだった後半戦では負傷を抱えていました。

しかし彼がコートに立つと、その影響力の大きさが一目瞭然でした。

オンボール・ディフェンスではマレーに分がありますが、総合的な2way能力ではホワイトが2022年のロスターで最も優れた選手であることに変わりはありません。

おそらく彼がコートで発揮する能力と同じくらい重要なのが、アウトサイドシュート能力です。

昨シーズンの3Pシュートアテンプト数は6.8回で、昨シーズンの2倍となりました。

3ポイントのスペシャリストであるパティ・ミルズを抑えてチームをリードしています。

新生スパーズはこれ以上、3ポイントシュートを無視し続ける余裕はありません。

昨シーズンのスパーズは、3Pシュートの試投数、成功数ともに最下位かそれに近い状態が続いていました。

幸いなことに、ホワイトは今後も3ポイントシュートに取り組みたいと公言しています。

昨シーズン、ホワイトは多くの時間を欠いたにもかかわらず、29.6分の出場時間で1試合平均15.4得点、3.5アシスト、1ブロックを記録しました。

しかし足の指を何度も痛めたり、足首を捻挫したりと、デリックが本当の意味でのリズムをつかむのは明らかに難しかったようです。

【 最強栄養パン!BASE FOOD 】

健康が最優先、次に一貫性が必要

デリック・ホワイトにとって、2021-22シーズンに向けて最優先すべきは、当然ながら健康です。

スパーズはホワイトの体を可能な限り維持するだけでなく、ホワイトをジノビリのような役割でベンチから出す実験を行うことができます。

そうすれば、彼がユニットのリーダーであり続けることを確認しつつ、フルコンタクトのバスケットボールに戻ることができるでしょう。

ポポビッチHCはホワイトの体が再びNBAのペースに慣れるまで、シーズン序盤の出場時間を全体的に制限したいと考えているかもしれません。

この27歳の選手にとって、健康面での新たな障害は誰もが望むことではありません。

ホワイトがシーズンを通して健康を維持できれば、たとえ今シーズンのスパーズの成績ではオールスターに出場できないとしても、オールスター級の活躍をする可能性は十分にあります。

ホワイトは過小評価の象徴

マレーと同様に、ホワイトも5年目のシーズンを迎えますが、リーグではいまだに過小評価されています。

Sports Illustrated誌が発表したトップ100リストでは、93位に入っていましたが、彼はほとんど注目されていません。

サンアントニオの人々はホワイトがロバート・コビントン(80位)やダンカン・ロビンソン(85位)よりも優れた選手であることを知っていますが、来シーズンにそれを証明できるのは彼だけなのです。

デリック・ホワイトが、自分のゲームに相応しい尊敬を得る時が、10月20日から始まります。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました