ユーバンクスは来シーズンも存在感を示すことができるか? | 【NBA】SPURS-GYM

ユーバンクスは来シーズンも存在感を示すことができるか?

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズのセンター、ドリュー・ユーバンクスは2018年にオレゴン州立大学からドラフトエントリーしましたが指名されず、ドラフト外で契約しえGリーグのオースティンスパーズでプレーしました。

サンアントニオスパーズと2way契約を結ぶと、ユーバンクスはすぐに予想を上回り、契約最後のオフシーズンに新しい3年間の契約にサインしました。

当分の間、4年目のシーズンに戻る準備ができているようです。

とは言うものの、ヤコブ・パートルがスターターを維持し、ゴーギー・ジェンが再契約するなど、いくつかの要因が彼の復帰を複雑にする可能性があります。

さらに、カイジョーンズ、アルペランシェングン、アイザイアジャクソンなどの有望なプロスペクトは、NBAドラフトの12番目のピックで指名する可能性があります。


フリーエージェントでのジョン・コリンズのスパーズの噂の追求を考慮に入れると、ユーバンクスの役割が危険にさらされるいくつかの状況があります。

そのすべてを念頭に置いて、ここでは、ユーバンクスが彼の役割をベンチから遠ざけるに値するいくつかの理由と、スパーズが彼をトレードパッケージに含めることを検討している可能性があるいくつかの理由について説明します。

【 ゴールデンセール中!買うなら今!マイプロテイン 】



ユーバンクスが放出される可能性?

ユーバンクスは、スパーズに所属しているとには確かに生産的でしたが、彼のゲームには顕著な欠点があります。

それは彼のディフェンスです。
オフェンスでの彼のまともな生産にもかかわらず、彼の平凡なディフェンスはヤコブよりはるかに価値が低くします。

ユーバンクスは特にリムプロテクターとして進歩を遂げましたが、ファウル率が高く、ペリメータープレーヤーを守るのに苦労しています。

さらに、サンアントニオはシーズン後半にゴーギー・ジェンと契約しました。

ジェンは攻守でアップグレードされる可能性があります。

スパーズがゴーギー・ジェンを復活させたり、ジョーンズ、センガン、ジャクソンなどをドラフトしたりすると、ユーバンクスはさらに消耗する可能性があります。

サンアントニオがそのシナリオで彼の優先順位が下がったとしても、他のチームにとって価値があるかもしれません。

ユーバンクスはまだ24歳で、次の2シーズンで合計3.6Mと格安のサラリーがあり、どちらの年も保証されていません。

ほとんどのチームがベテランでバックアップセンターの役割を果たしていることを考えると、ユーバンクスはより安く、より若く、よりエネルギッシュなオプションを提供します。

スパーズがドラフトで別のビッグマンをドラフトするか、フリーエージェントでジョン・コリンズを本気で狙う場合や、別の第2ラウンドピックの獲得を狙っている場合は、早くユーバンクスのトレードを始めるのが賢明かもしれません。

ユーバンクスをキープする場合

スパーズが来シーズンにユーバンクスを復活させることを決定した場合、彼はバックアップセンターの役割を、新しいフリーエージェントのビッグであるディエン、あるいはおそらくスパーズの12位のドラフトピックと競争しなければならないかもしれません。

そうは言っても、彼はスパーズのシステムで優れたバックアップセンターの選択肢になる可能性があることを示しています。

ラマーカス・オルドリッジとヤコブの両方のバックアップとしてでシーズン開幕ローテーションで過ごした後、ユーバンクスはアルドリッジが退団したあとすぐにステップアップするように頼まれました。

とはいえ、ユーバンクスは明らかにその機会を利用し、すぐに貢献することができました。

ユーバンクスは昨シーズン、1試合平均14分の出場で、平均5.8ポイント、4.6リバウンド、0.7ブロックを記録しました。


さらにFG成功率56.6%と素晴らしい記録を残しました。

運動能力を使ってプットバック、力強いダンク、アリウープでハイライトプレーを連発しました。

またソフトタッチで信頼性の高いフックショットと時折フローターを放つことができるようになりました。

ユーバンクスはハードスクリーンを設定する、バスケットに激しくロールする、リムで力強くフィニッシュするなどの「ささいなこと」を行うことで、ポポビッチ監督から高い評価を得ました。

ユーバンクスはおそらく、チームのなかでケルドンを除くと攻守でリム周りで積極的にハードワークできる最高の選手の一人です。

彼は、ティアゴスプリッター、デファンブレア、デイビッドウェスト、ドウェインデドモン、デビッドリーなど、元スパーズのビッグスを後のキャリアで成功させたのと同じスキルを数多く持っています。

コートでのプロダクションに加えて、ユーバンクスはオースティンで多くのプレーヤーとプレーした後、スパーズのヤングコアの多くのプレーヤーと素晴らしい関係を持っているようです。

それは些細なことのように思えるかもしれませんが、スパーズが文化と適合性を評価することがどのように知られているかを考えると、その重要性を過小評価してはなりません。


このように、チームは、チームとの適合が疑問符となるフリーエージェントとは対照的に、ユーバンクスを安全な選択肢と見なす可能性があります。

最終的に、ユーバンクスが来シーズンのスパーズに出場しないシナリオを想像するのは難しいです。
結局のところ、彼はヤコブに良いバックアップを提供し、必要に応じて3rdセンターになることをいとわないことも示しました。

ユーバンクスがチームにもたらすもの、契約も素晴らしい掘り出し物です。


スパーズは大きなフリーエージェント計画を持っているかもしれないので、そのような安価な契約は非常に価値のあるものになる可能性があります。

スパーズがこのオフシーズンにユーバンクスと何をすることに決めたかに関係なく、スパーズの次のシーズンに戻るのに十分以上のことをしました。


そうは言っても、彼がより大きな役割を与えることができるチームにトレードされた場合、彼はそれに値するでしょう。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました