スポンサーリンク

ビュフォード元GM「スパーズの一貫性と文化を継続する」

スポンサーリンク
SASコラム

一貫性とカルチャーを続けることで、サンアントニオスパーズは22年間のプレーオフで大成功を収めましたが、それは今季終わりました。

答えるべき深刻な質問があります。

本日発表されたZoomインタビューで、サンアントニオスパーズの代表者たちは、組織の価値観とカルチャーに対する信念を確認しました。

元スパーズビートレポーターのジャバリヤング は、スパーズのビジネス面と組織の今後についての記事を発表しました。

その記事では現在構築されているこのグループは、強豪ひしめくウエスタンカンファレンスを戦うためには十分なファクターをまだ持っていない。残念なことにこの組織は依然として自分自身を信じている、と言及されました。

Spurs Sports&EntertainmentのCEOである元GMのRCビュフォードが状況への対処方法について、スパーズの価値観に基づくシステムについて語りました。

NBAでのチームの47年間について言及しプレーオフ39回出場、そして20年間で.599勝率はリーグ史上最高でした。

これらの成績は私たちが築き上げてきた歴史と遺産です。価値観に基づいた、カルチャーに焦点を合わせコミュニティーが関与することでチャンピオンシップが主導するという考えに大きな変化はない。スパーズは世論に左右されたことがない。

私たちが望んだいくつかの決定は結果が異なった。若い才能を開発し状況に合わせて最善のアクションをとるために柔軟性を持ち判断をしていきたい。

SNBCのZoomインタビューより

このカルチャーによりサンアントニオは5つのNBAチャンピオンシップと、30のNBAフランチャイズすべての中でレギュラーシーズンの最高の勝率を誇っています。

スポンサーリンク

新しいGMは一貫性を持って運用ができるか?

1年も経たないうちに昇進した現在のGMブランドン・ライトはまだスパーズの道を学んでいる途中です。

スパーズにはデビッド・ロビンソンのキャリアの終わり、そしてそれを再び2009-10のシーズンではロスターの大きな変更がありました。

現在もその変革の時が近づいています。

ロスターの修正を支援するのは現GMライトの仕事であり、2020-21年のサラリー上限を巡るNBAの経済性が重要になります。

持続的な成功を管理することは困難ですが、スパーズには再建を続ける絶好の機会があります。

これはプレイヤーの育成を重視し、時間をかけてプレイヤーのグルーミングを行い、才能の新しい側面を解き放つ力を持つチームです。

一貫性がなければこれは不可能です。

今後選手たちの契約更新が予定されています。

オプションはオープンですが、最終的にはスパーズはスパーズのままです。

ティムダンカンのようにすべての問題や代わりのシナリオを案内するフランチャイズプレイヤーはもういませんが、プラットフォームを成功させるための価値観は変わりません。

やがてサンアントニオは、アスレチック能力を上手く活用しながら、ディフェンス力を強調するアスレチックウイングとガードを中心としたラインナップで突き進む予定です。

ポップが指揮を執る想定で考えている

またRCビュフォードはスパーズは「ポップが戻る想定の下に」と述べました。

ポップがブライアン(ライト)に別の言い方をしたかどうかはわからないが、ポップスは来年チームをどのように構築するかを示したということだよ。

ここ数年実績を残せていないGMですが、今後の活躍に期待します。

▼筋トレ&プロテイン補給で理想の身体へ!鏡で見たあなたの姿がみるみる変わります▼



▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

NBAランキング

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました