GAME 36 @ピストンズ | 【NBA】SPURS-GYM

GAME 36 @ピストンズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェイでピストンズとの対戦です。

スパーズは現在ロードトリップ中です。

あと4試合ロードゲームが続きます。

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

序盤はスパーズはミドルレンジで中心に得点を重ねますが、 ピストンズのアウトサイドシュートが好調でリードを奪われます。

それでもヴァセルが終盤に3Pを沈めて同点で終了します。

2Qはマレーのミドルレンジ、ロニーの ドライブからのの得点が次々と決まり、ピストンズを突き放します。

ピストンズもセカンドチャンスから得点を許しますが、パティが終盤に3ポイントを沈めてさらに差を広げます。10点リードで前半を終了します。

後半は序盤からホワイトの連続得点で差を広げると、 ディフェンスのローテーションを素早く対応して二桁前後のリードを維持します。

7点リードに詰められますが、ルディの連続得点、 マレーのブザービーターもあり 一気に突き放し20点リードに広がります

4Q危なげなく試合を進め、 マレーのスティールからの得点で 試合を決めると 、残り4分を残してガベージタイムとなりました。

新生スパーズで勝利!

デローザンとオルドリッジが欠場の中、 スパーズはかなり若返ったラインナップを起用しました。

ミスも多かったですが攻守に運動量が多く、 積極的なディフェンスでリズムを作りました。

連戦でも良く足が動いていました。

またシクサーズ戦とは打って変わって、オフェンスでもシュートタッチが非常に良くFG成功率56%、3P成功率48%を記録しました。

6人が二桁得点を記録するバランスが良いオフェンスでした。

開幕当初と比べるとヤングコアたちも自信を持ってプレーができているように感じます。

前の試合の惨敗からうまく切り替えることができたようで良かったです。

リーダーマレー

ヤングコアの活躍が目立った試合ですが、デローザンを欠く中チームを引っ張ったのは若き司令塔のマレーでした。

序盤はホワイトのファールトラブルで苦しい展開の時間もありましたが、 高確率のミドルレンジショットを武器に次々と得点を重ねました。

前の試合の課題だったリバウンドもマレーが積極的に争い10リバウンドを獲得しました。

3Qではネッツ戦と同じ位置からのブザービーター、4Qの試合を決めるスティールは 圧巻のプレーでした。

すっかりチームの司令塔として頼もしくなりました。

またロニーは前半だけで11ポイントを獲得して序盤チームを引っ張りました。

ユーバンクスへのノールックパスは NBA ハイライトに選ばれるでしょう。

 

 


ヴァセルも復調

コロナウイルスからの復帰が遅れていたヴァセルも復調をアピールしました。

この試合非常に効果的な活躍をしました。

13ポイント3リバウンド3アシストを記録しました。

ディフェンスではもちろん、オフェンスでも輝きました。

スリーポイント成功率は3/4と高確率でした。

ヴァセルはトランジションが早い展開でも判断力が優れており、運動量が多く献身的な働きができるため、貴重な戦力です。

ポップからの評価も高く、ルーキー離れしています。

今後もう少し出場時間が伸びるとさらに活躍が期待できるでしょう。

また若手選手だけではなくパティとルディのベテランも素晴らしい活躍をしました。

二人で26得点を記録しました。

後半だけで16ポイントを獲得しチームをブローアウトに導きました。

得点が止まった苦しい時間はルディのアイソレーション&3P、パティのオフボールムーブからの3ポイントは効果的でした。

どの得点も非常に相手のダメージが大きい一撃でした。

若手とベテランが噛み合った素晴らしい勝利でした。

連戦の中お疲れ様でした。

今シーズンはイーストの下位チームに対して取りこぼしが少ないので、昨シーズンより成長を感じます。

次は中一日でブルズとの対戦です。

ヴァセルとパトリックウィリアムスの大学同窓会対決が見られそうです。

【すっきりしておいしい‼コスパ抜群のプロテイン】


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました