ポップとケルドンが金メダル獲得! | 【NBA】SPURS-GYM

ポップとケルドンが金メダル獲得!

スポンサーリンク
SPURS

ケルドン・ジョンソンとヘッドコーチのグレッグ・ポポビッチはオリンピックの金メダリストとなりました。


これは2008年、2012年、2016年にも優勝したアメリカ男子代表チームにとって4回連続の金メダルです。

ルディ・ゴベア、エバン・フォーニエ、ニコラ・バトゥームなどがヘッドライナーを務めるフランス代表との激しい試合で、チームUSAはおそらく最も重要な試合で最も印象的なディフェンシブパフォーマンスを発揮しました。

チームキャプテンのケビン・デュラントが29ポイント、6リバウンド、3アシストと超人的なパフォーマンスに率いられました。

また19ポイント、7リバウンド、1スティールを記録したジェイソンテイタムもヒーローでした。

ジュルー・ホリデーは素晴らしいディフェンスで貢献して、4スティールと1ブロックを記録し、リラードはクラッチタイムに存在感を示しました。

これは、ポポビッチ監督とケルドンの両方にとって最初のオリンピック金メダルです。

ケルドンは現在、チーム史上最年少のスパーズプレーヤーであり、デビッドロビンソンとティムダンカンの両方を追い抜き金メダルを獲得しています。

ケルドンはフランスとの決勝戦でプレーする時間を与えられていませんでしたが、ブラッドリービールがいない状態でチームに参加するためにステップアップしたことに対して同じくらいの功績があります。

また代表のチームメイトだったドレイモンド・グリーンもケルドンのことを高く評価しています。

ポポビッチ監督が2020年のオリンピック以降もチームUSAを指導し続けるかどうかは定かではありませんが、コーチングスタッフは優勝した選手たちと同じくらいの功績を認めるに値します。、

ケルドンにとってはまだ21歳であるため、これがケルドンにとってさらに多くの国際的な勝利の最初のものになることを願っています。

またパティが率いるオーストラリア内容は3位決定戦でスロベニアに勝利し銅メダルを獲得しました。

パティはなんと42ポイントを獲得してチームを勝利に導きました。

メダル授賞式ではポップとお互いの健闘を称えました。

最終結果は

金メダル:アメリカ

銀メダル:フランス

銅メダル:オーストラリア

という結果になりました。

この3チームにはスパーズが縁がある選手コーチが多くいました。

本当に皆さんお疲れ様でした。

いつもは長いオフシーズンですがオリンピックのおかげで一緒に楽しむことができました。

来シーズンもまた元気な姿でお会いできることを楽しみにしています。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

お金の勉強のバイブル!



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました