ユーバンクス:「シューティングの改善に取り組んでいる」 | 【NBA】SPURS-GYM

ユーバンクス:「シューティングの改善に取り組んでいる」

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズは、このオフシーズンのロスターにシューターを積極的に追加しています。

チームはダグ・マクダーモットと契約し、ブリン・フォーブスを連れ戻し、ジョー・ヴィースカンプをドラフトしました。

スパーズが昨シーズン最高のスリーポイントシュートチームではなかったことを考えると、チームがこの方向に進んでいるのは当然のことです。

しかし、チームにはすでにロスターに載っている選手が3Pを改善することも大切です。

サンアントニオスパーズのセンター、ドリュー・ユーバンクスはオフシーズンにシューティングの改善に取り組んでいます。

ファンポッドキャスト「AtTheLine」とのインタビューで、ユーバンクスはアウトサイドシュートの精度を上げるために、チームのシューティングコーチの第一人者であるチップ・インゲランドACと協力することについて話しました。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

このオフシーズンは好き嫌いにかかわらず、シューティングに取り組んできた。

このオフシーズン、私はチップ[インゲランド]がチームUSAに向けて出発する前に一緒にワークアウトをした。

チップと私は3週間から4週間続けてトレーニングした。

私のメカニズムを変更するのではなく、いくつかのことを微調整するだけだった。


フラットなショット、スーパーストレートショットだったので、シュートの一貫性は少しずれていた。
練習しても時々フラットだったので、メカニックに取り組み、いくつかの変更を加えた。


キャッチアンドシュート3をノックダウンすることが主な目的だった。
来年はゲームをステップアップしてシューティングエリアを拡大する機会がさらに増えるだろう。


人々がプレー内容について意見するのが好きであることを知っている、しかしそれは今まで取り組んできた主なこと。

私はいつもシューティングをしてきたし、問題点ばかり強制するのは好きじゃない。


毎年良くなるように努めている。それで、なぜ私がより良くなり続けて自分のゲームに取り組むことができると信じているよ。

-ドリュー・ユーバンクス

詳しい内容はこちらから。

他にもオフシーズンのこと、 フックショットを学んだ経緯、 テレビゲームのこと 、 先日の意味深なツイート、チームへの愛などについても話しています。

ユーバンクスの正直で朗らかな人柄が表れています

またユーバンクスは、昨シーズンのベテランやチームの方針によりアウトサイドショットを打つことを延期したことを認めています。

しかし2021-22のシーズンに向けて、ユーバンクスは自分のショットを探しています。

スパーズは間違いなくロスターの別のビッグを使用して、フロアを広げ、チームのガードのためにドライブレーンを開くことができます。

彼のキャリアのために、ユーバンクスはFG成功率58%、なんと、3P成功率100%です。ただキャリアで2本しか試投していません。

404 Not Found | kens5.com

来シーズンは フロントコートの補強でチーム内競争が激化します。

自分の持ち味を生かしつつもストレッチ5としての変貌を期待します。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました