RS GAME 64 @ホーネッツ | 【NBA】SPURS-GYM

RS GAME 64 @ホーネッツ

スポンサーリンク
SPURS

今日はアウェーでホーネッツとの対戦です。

試合結果

4連敗。

試合内容

1Qは両チームともアウトサイドから得点を重ね拮抗した展開が続きます。

スパーズのパスミスが続きウーブレの連続3で点差を広げられますが、ヴァセルとケルドンのリムアタックで連続得点を重ねてリードを奪います。

終了間際にウーブレにフリースローを与え、1点ビハインドで終了します。

2Qはラメロを止められずリードを許します。

プリモ、マレーの得点で対抗しますが、ラメロとハレルのP&Rを止められず10点ビハインドとなります。

その後ケルドンがオフェンスでチームを引っ張ります。

またトレのハッスルとボールプッシュから徐々に流れを掴み、1点差まで縮めて前半を終了します。

【 最強栄養パン!BASE FOOD 】

3Qは開始直後にケルドンの3で逆転します。

その後マクダーモットの4ポイントプレイ、ヴァセル、マレーのリムアタック、で得点を重ねますが、 リバウンドからのターンオーバーやキックアウトからの得点を許して拮抗した 展開が続きます。

ホーネッツのファールがかさむとトレ、ケルドンのハッスルと3で4点リードを奪います。

しかし終盤にもったいないファールとミスが重なり2点ビハインドで終了します。

4Qは接戦が続きます。

クラッチタイムにはマレーがチームをけん引しますが、ディフェンスで粘ることができず終盤ホーネッツはフリースローをすべて沈めて突き放されて敗れました。

試合の印象

遠い1勝。

終盤までもつれるシーソーゲームでしたが、勝負所で消極的になり流れを引き寄せることができませんでした。

相手の戦術に苦しみました。

オールスターブレイク明けの対戦相手チームはマレーに対するディフェンスが厳しくなっています。

今日の試合も極力マレーにボールを持たせないように、 スローインの段階でプレッシャーをかけられていました。

またボールを持つと積極的にダブルチームを仕掛けられています。

マレーもうまく対処していますが、 パスカットを狙われる場面が増えてきました。

他の選手のステップアップが必要です。

今日の試合ではトレやケルドンがチームをうまく牽引していましたが、クラッチタイムの戦いは課題が残っています。

クラッチタイムのスパーズのポゼッションでは マレー以外の選手はリムアタックしてもパスを探してしまうことが多く、消極的なプレーが目立ちました。

またここ数試合、ホワイトがトレードされた影響は大きくディフェンスで優位に立つ場面が減りました。

こればかりは若手選手たちが経験を積んでいくしかありません。

ちなみに第3クォーターを終了した時点で負けていると、一度も勝利していません。

学び続けましょう。

またそれ以外にもアウトサイドシュートで劣勢だったことも影響しました。

【 ゴールデンセール中!買うなら今!マイプロテイン 】



ケルドンがキャリアハイの得点!

マレーが厳しいマークにあう中でチームを牽引したのはケルドンでした。

チームハイの33ポイントをあげました。

アウトサイドシュートは高確率で、積極的にリムアタックをしました。

またリバウンドから得点を重ねました。

オフェンスのバリエーションも着実に増えてきており、今後が楽しみです。

なかなか1勝が遠いですが、 選手たちの育成に重点を置いている以上、 必要なプロセスです。

一試合一試合しっかり学んでいきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. 吉味淳良 より:

    若手の育成とタンクの両立が「今の」SASに必要な事なので、上手くバランス取ってレギュラーシーズンを締め括って欲しいです。
    はぁ~、ツマラんコメントだな。

タイトルとURLをコピーしました