スチュワートJr、ウッダードと2way契約を結ぶ | 【NBA】SPURS-GYM

スチュワートJr、ウッダードと2way契約を結ぶ

スポンサーリンク
SASコラム

今シーズンのサンアントニオスパーズは、ロスターを調整し続けています。

サンアントニオスパーズは2way契約を結んでいたジョー・ヴィースキャンプとデボンテ・ケイコックがスタンダード契約を結んだことを発表しました。

その直後にガードのDJ・スチュワートJrとロバート・ウッダードⅡと2way契約を結んだことを発表しました。

契約条件は発表されていません。

スチュワートは22歳で6-6(198cm) のSG/SFです。

スチュワートは昨年ミシシッピ州立大学でプレーして平均12.4ポイント、3.0リバウンド2.4アシストを記録しました。

オール-SEC2ndチームに選ばれました。

今シーズンはドラフト外でヒートの傘下のGリーグチーム、スーフォールズ・スカイフォースに加入していました。

スカイフォースでは34試合に出場して平均36.6分の出場で17.8ポイント、5.4リバウンド、2.8アシスト、1.6スティールを記録しました。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

ウッダードは ミシシッピ州立大学出身の 198cmのSFです。

2020年ドラフト2巡目40位でグリズリーズに指名されました。

その後キングスにトレードされました。

キングスでは過去2シーズンで25試合NBAでプレーしました。

今シーズンはGリーグのオクラホマシティ・ブルーとストックトン・キングスで15試合出場しました。

平均26.9分の出場で12.9ポイント、7.9リバウンド、1.5アシストを記録しました。

また昨シーズンにはオースティンスパーズに一時加入していました。

オースティンでは12試合をプレイして平均16.8ポイント、11.0リバウンド、1.4スティールでオールGリーグサードチームに選ばれました。

偶然なのかもしれませんが、二人ともミシシッピ州立大学のチームメイトですね。

ちなみにスパーズが2019年のドラフト2巡目で指名して、現在ウォリアーズでプレーしているクインダリー・ウェザースプーンもミシシッピ州立大学出身です。

何かルーツがあるのかもしれませんね。

役割としては二人ともウイングに近いので、 良い競争が継続できそうです。

メインはGリーグだと思いますが、活躍を期待しています。

これでロスターは再び埋まりました。

ほとんど若手選手で構成されています。

全員で競争してチームの底上げを目指していきたいですね。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. 吉味淳良 より:

    当方の希望としてはロミオ育ててモノにして欲しいかな。2way枠空いたので可能性ある若手確保して、伸びる気配が有るなら伸ばしてみようって所ですかね。ウイングの選手って言った方が良いのかな。
    アメリカは優秀なガードの人材が無尽蔵って感じですね。ストリートでプレイしてる人達でさえかなりのレベルですもんね。オリンピックで勝てる訳が無い❗️国技って言っても良いよね。でも人気有るのはアメフトなんだよな~。スーパーボールの金の掛け方エグすぎるもん↓

    • マッツマッツ より:

      ロミオはこれからですね。
      シーズン終盤にプレーオフが厳しくなってきたらアピールして欲しいです。
      優秀なガードは多過ぎますね。。。日本に分けてほしいです。

  2. 吉味淳良 より:

    ロミオは好きな選手であるホワイトを出して得た対価なので、無駄にせずチームの将来のために生かして欲しいです。BOSの一巡目指名権もそうです。頼むよ❗️ドラフトでガードなんか指名しないでよ❗️

タイトルとURLをコピーしました