プレシーズン初戦 ジャズ戦 | 【NBA】SPURS-GYM

プレシーズン初戦 ジャズ戦

スポンサーリンク
SPURS

待ちに待ったスパーズの試合が帰ってきました!

プレシーズンマッチが開幕しました。

日本時間10月21日のNBA開幕に向けて、5試合が組まれています。

初戦の相手はホームでジャズとの対戦です。

しかしNBA League PASSで放送がありませんでした。

その代わりにスパーズの公式アプリからストリーミング放送を見ることができました。

※ 見られない方もいるようです

試合結果

SPURS WIN !!!

試合内容

トレジョーンズは足首の炎症、 ザックコリンズは足首のリハビリ中のため欠場しました。

序盤はお互いミスもあり接戦が続きますが、控え選手が出てきた時間帯でユーバンクスのハッスルと3Pの連続得点でスパーズ流れをつかみリードを奪います。

2Qはお互いアウトサイドが不調ながらも スパーズが早い展開から主導権を握り、11点リードを奪います。

後半は序盤からマレーの連続得点でリードを20点広げると、3Q中盤以降は控え選手がメインの 時間帯になります。

4Qはやや詰め寄られますが、プリモを中心に得点を重ねリードを保ち勝利しました。

試合の印象

新生スパーズの幕開け

昨シーズンから大きく変わったシステムとメンバーでプレシーズンながらも初戦を勝利することができました。

昨シーズンと大きな変化が見られました。

ヤングコアがボールをコントロールする時間が増えて、オフェンスでも積極的にアタックを仕掛けました。

ペースも早くシュートに迷いはありませんでした。

特に昨シーズンはほとんどなかったプルアップからのスリーやウィングの選手がハンドラーとなるピックアンドロールが増えました。

オフェンスのオプションが増えて、よりシンプルになった印象です。

またディフェンスでは運動量が多くハーフコートプレスやトラップ仕掛ける場面がありました。

オンボールでもオフボールでもハードにディフェンスできていた印象です。

ポップも相手チームの主力が何人かいないとはいえ、良い努力だったと褒めていました。

これらは昨シーズンのプレシーズンでは全く見られなかった光景です

まだまだプレシーズンマッチでミスは多いですが、昨シーズンよりも積極性が高く、競争の意識が強く感じました。

各選手の印象は後日YouTubeで紹介します。

プリモが鮮烈デビュー

またこの試合 ルーキーガードのジョシュプリモがデビューを果たしました

チームハイの17ポイントを記録しました。

スムースなハンドリングと積極的なシューティング、広いコートビジョン。、披露をしました。

18歳のルーキーとは思えないほど、高いポテンシャルとセンスを見せつけました。

マレーもプリモの活躍に納得したようです。

まだ1試合目ですがそれぞれの選手が持ち味を発揮した良い試合でした。

選手達で競争意識を継続して一貫性を持ってプレーをすることができれば、良いシーズンを送ることができそうです。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました