各チームが獲得すべきFA選手は?〜スパーズの場合〜 | 【NBA】SPURS-GYM

各チームが獲得すべきFA選手は?〜スパーズの場合〜

スポンサーリンク
SASコラム

シーズンが終わったNBAチームにとって、その焦点はすでに来年に移っています。

まだプレーオフに出場しているチームも、ポストシーズンでレギュラーシーズンにはない弱点が露呈するため、ロスターの穴がよくわかるようになってきた。

この夏、フリーエージェンシーは厄介なことになります。

現在、サラリーキャップの空きがあるチームはほとんどなく、ビッグネームを獲得するのは難しいでしょう。

つまり、多くのチームが同じようなMLEやミニマム契約を使用して互いに競合する選手を誘致しようとすることです。

そんな中でもサンアントニオ・スパーズはサラリーキャップに大きな空きが出る予定です。

BleacherReportでは各チームがFAで狙うべき選手をリストアップしました。

スパーズはどの選手になるでしょうか?

【 最強栄養パン!BASE FOOD 】

スパーズ:ザック・ラヴィーン

via Bulls Twitter

かなりのキャップスペースを持つサンアントニオスパーズは、2022年のフリーエージェントのスターを獲得するために大胆に動くことができる唯一のチームです。

ザック・ラヴィーンはスコアラーとしての実績ではFAの中で最も確実なものです。

スパーズは、バックコートのラヴィーンとデジャンテ・マレーのペアリングの可能性に夢中になるはずです。

ラヴィーンの信じられないほど効率的なシュートが、マレーの開発中のアウトサイドシュートを相殺する可能性があります。

ラヴィーンは熟練したファシリテーターでもあり、マレーはガード同士でのピックアンドロールのカッターおよびスクリーナーとして使用できるようにします。

一方、ラヴィーンのディフェンスは、周囲にマレーがいて、ヤコブ・パートルがいるので致命的ではありません。

シカゴにはラヴィーンに戻すためのあらゆるインセンティブがあり、スパーズはラヴィーンをフルマックスでオファーするために、いくらかのサラリーを調整する必要があります。

しかし、サンアントニオには改善すべき成長中の若手がいて、魅力的に映るように感じます。

LaVineはリーグ平均を上回る真のFG%を記録しています。

しかも平均23.0ポイントで4年連続記録しています。

確実にオフェンスの問題を埋めることができます。

ラヴィーンはマレーと同じシアトル出身として、絆が深い存在です。

移籍の可能性もあると思います。

ただ現在のロスターはフロントコートの問題が大きいため、ラヴィーン獲得に全力を注ぐには少しリスクが高いかもしれません。

ただ考え方としては面白いですね。

チームがどう判断するか妄想していきましょう。

引用元:BleacherReport

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました