SPURS-GYM : NBA,スパーズ&筋トレ情報届けます.

NBA、SPURS(スパーズ)応援ブログです.NBA&筋トレ情報をお届けします。ファン歴18年。

【スポンサーリンク】

オルドリッジが大黒柱としてチームを牽引する

広告

スポンサーリンク


f:id:nba-iwantsomenasty:20191020144758j:image

 

スパーズに移籍して5年目のシーズンを迎えるオルドリッジ

スパーズでの5年目のシーズンを迎えるラマーカス・オルドリッジは、厳しいウエスタンカンファレンスでチームを率います。


2015年の夏にスパーズと契約して以来、オルドリッジはチームに求められたすべてのことを行ってきました。

www.basketball-reference.com

 

ビッグスリー時代の終焉までチームを支え、クワイ・レナードとチームを安定させました。また昨年移籍してきたデマー・デローザンの順応を助けました。

 

今年は期待が過去と同じくらい高くなります。

 

来年度の契約が部分保証でしたが、先日来年度まで完全保証の契約を締結しました。2021年の夏までスパーズでプレーすることが濃厚になりました。

 

 

 

 

ウエスタンカンファレンスには、各チームスターの才能があふれています。

 

スパーズは、23年連続でプレーオフに進出する場合、オルドリッジがオールNBAレベルに選出されるレベルでプレーする必要があります。

 

シーズン通して安定して活躍できる貴重な選手

 

オルドリッジのゲームは派手でも、エキサイティングでもありません。しかし安定感があり、ケガも少なく信頼できます。

 

昨シーズンもオルドリッジは毎晩ハイレベルでプレーし、リーグで最高のビッグマンの一人でした。

 

1試合56点キャリアハイを記録し、彼の7番目のオールスターチームを作り、スパーズをプレーオフに導くのを助けました。

 

▼ 56点ゲーム VSサンダー


LaMarcus Aldridge Records A New CAREER HIGH 56 Points | January 10, 2019

 

今シーズンは信頼性の高いフォワード、エキサイティングな若いガード、そしてこれを行うための最高のコーチで、オルドリッジはもう1年素晴らしい準備ができています。

2019-20年の目標を以下に示します。

 

スパーズのオフェンスの要である

スパーズのオフェンスにおけるオルドリッジは必要不可欠な存在です。

あらゆるレベルの信頼できる得点者であり、正確なパサーであり、ピックアンドロールでの彼の存在は、困ったときにチームを安定させるのに役立ちます。

 

昨年オルドリッジは、リム周りでリーグで最も支配的なビッグマンの一人でした。

 

ピックアンドロールでリムを攻めて、それからの得点でリーグで14位になりました。多くの熟練したピックアンドロールが得意なボールハンドラーに恵まれているため、ここでオルドリッジがさらに機能することを期待しています。

 

オルドリッジがスパーズのオフェンスを高めるのに役立つもう1つの分野は、3ポイントラインを超えてエリアを広げていることです。

 

プレシーズンのゲームを通してやろうとする意欲を示しています。

 

ミルウォーキー・バックスのようにがブルック・ロペスをカバーするために敵のディフェンダーを3Pラインまでドラッグすることで、ドライビングレーンを展開しました。

 

オルドリッジが今シーズン3ポイントに偏中することを提案しているわけではありません。

しかしコーナー、トップからスリーを打てると、マレー、デローザン、ロニーのようなペネトレイターが働くスペースが開けます。

 

大黒柱としてゴートゥオプションになる

 

最後にオルドリッジは、クラッチの状況でスパーズのゴートゥオプションであり続ける必要があります。

 

デローザンと並んで、試合中にボールを要求してショットクリエイト能力が最も高いです。

 

オルドリッジが何度も何度も右のエルボーでボールを要求し、1回または2回バックダウンし、ターンしてフェードアウトするのを見てきました。これは、ノビツキーのフェーダアウェイやティムダンカンのバンクショットのブロック不可能なショットとして、間近に迫っています。

 

最も重要なのは、オルドリッジほど信頼できる選手がいないことです。

 

オルドリッジはチームに参加して以来、スパーズオフェンスのエンジンとなっています。それが今年も変わりません。

 

 

スパーズのディフェンシブユニットを率いるのに役立ちます

 

スパーズは長い間ディフェンスに誇りを持っているフランチャイズでした。

 

ティム・ダンカンがACであり、チーム内に歴史上最高のディフェンスプレイヤーの1人がいるので、復活の予感がします。

しかし、昨年はスパーズにとっては厳しい年でした。

 

1997年から98年のシーズン以来、初めて平均以下のディフェンス評価を記録しました。

(ディフェンシブレーティング20位)

 

今シーズンはその時と比べて希望があります。

それにはたくさんの理由があります。

 

オルドリッジは、オフェンスをシャットアウトするラインナップを組んでいました。

 

昨シーズン、オルドリッジ、ルディ、デローザン、ホワイト、フォーブスのラインナップは、300分以上のラインナップの中でディフェンシブユニットのランキングで12位にランクされました。

 

今年のディフェンスはさらに強くなる可能性があります。

 

マレーをフォーブスの代わりに起用します。

 

試合に応じて、キャロルを追加すると、すべてのベースをカバーできるラインナップが組めます。

 

昨年のプレーオフにいたように、パートルがオルドリッジと並んでスタートするように求められる状況がありますが、オルドリッジはスパースのディフェンス志向のラインナップで必要不可欠です。

 

スパーズにとって、ロックダウンディフェンスを復活が必要です。

 

リーグには優れたオフェンシブなプレイヤーがたくさんいますが、過去20年にわたってディフェンス力を維持してきたように、勝利を掴めます。

 

スパーズには、ディフェンシブゲームに持ち込むためのメンバーがいます。

 

オルドリッジがリムプロテクターとして機能することで、リーグで最もタフなチームの1つに戻ることができます。

 

一部のNBAライターはスパーズがプレーオフに出場できないと伝えていますが、

アルドリッジがその仮説を破り、第7シードより上位を獲得し、プレーオフに連続して出場するためのNBA記録を手にすることができるなら、オルドリッジはNBAサードチーム投票に含まれるでしょう。

 

今年も大黒柱としてチームを支えてください!

 

 

 

 

 

 

引用記事・画像:

Air Alamo

Twitter Spurs


twitter.com

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

【スポンサーリンク】