クースを解雇。ヴァセル・プリモとTO行使 | 【NBA】SPURS-GYM

クースを解雇。ヴァセル・プリモとTO行使

スポンサーリンク
SPURS

サンアントニオ・スパーズは2022-23シーズンに向けて準備を進めています。

本日は二つの動きがありましたので、紹介します。

トミー・クースを解雇

チームはガードのトミー・クースを解雇したと発表しました。

クースはプレシーズンゲーム2試合に出場して平均9.0分、6.0得点、1.5アシストを記録しました。

おそらくオースティンスパーズと契約する事が濃厚です。

これでスパーズのロスターは19名となりました。

チームがキャンプロスターから残り2名をカットする必要があります。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

ヴァセル、プリモのチームオプションを行使

サンアントニオ・スパーズはデビン・ヴァセルの契約の4年目チームオプション、およびジョシュ・プリモの契約の3年目オプションを行使したことを発表しました。

3年目のヴァセルは昨季、スパーズで71試合に出場して平均27.3分間の出場で12.3得点、4.3リバウンド、1.9アシストを記録しています。


2年目で3ポイント成功数が100本を超えたのは球団初です。


また2シーズンでの1000得点&3ポイント成功125本&100スティールを超えたのはスパーズで3人目の記録です。

一方で2021年のNBAドラフトでスパーズに全体12位指名で2年目のプリモは50試合に出場し、平均19.3分の出場で5.8得点、2.3リバウンド、1.6アシストを記録しました。


ルーキーでの先発出場18試合は、スパーズでは2011-12シーズン以来の数字です。

またプリモはGリーグのオースティン・スパーズでも19試合に出場して平均16.6得点、チーム最多の5.6アシスト、3.0リバウンドを記録しています。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました