プレシーズンマッチ第3戦 ペリカンズ | 【NBA】SPURS-GYM

プレシーズンマッチ第3戦 ペリカンズ

スポンサーリンク
SPURS

今日はプレシーズンマッチ第3戦です。

ペリカンズとの対戦です。

試合結果

3連敗。

試合内容

序盤はアウトサイドシュートが入らずペリカンズにリードを許す展開が続きますが、マクダーモット、リチャードソン、ジェンのベテラン勢がチームを牽引し、 最小限のビハインドで後半に進みます。

後半はさらにペリカンズが3ポイント攻勢で14対0のランを受け、またスパーズのTOが続き20点ビハインドへと広がります。

3Q中盤以降はサードユニットの選手がプレーする時間帯となり、そのまま敗れました。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

試合の印象

今日の試合はスタータークラスの選手が4名欠場したこともあり、終始苦しい展開が続きました。

ベテラン勢がチームを牽引

序盤はアウトサイドシュートが不調で、 ドライブを中心に組み立てますがキックアウトからの展開も乏しく非常に苦しい展開でした。

また3Qはトラベリングが続き、明らかに集中力を欠くプレーが続きました。

その状況をベテランたちが奮起してチームを牽引しました。

この試合二桁得点を記録したのはベテランの3人だけでした。

リチャードソンはボールハンドラーをこなしチームに的確に指示を伝え続けました。

マクダーモットはセカンドユニットの一員としてプレーしチームのオフボールムーブを活性化させ、3ポイントを連続で沈めました。

ジェンはアウトサイドシュートと ディフェンスで効果的な活躍をしました。

3人ともプレイをしながら若手選手達にアドバイスを送る貴重な存在です。

若手は勉強中

またルーキー達はそれぞれの課題が浮き彫りとなり、今後のシーズンで改善していくポイントが明確になりました。

ソーハンはオフェンスクリエイト、ブラーナムはディフェンスと判断力、ブラーナムはプレーメイキングに注力していく必要がありそうです。

ソーハンはDFでいいハッスルが続きました。

また明るい話題もありました。

2way契約組のバーロウが良いパフォーマンスを見せました。

ディフェンダーとしては高い機動力を披露しました。

またコーナー3を沈めてシュートレンジの広さをアピールしました。

プレシーズンの内容を見ている限り、厳しいシーズンになることが予想されますが、再建は始まったばかりです。

シーズン中に学んで成長していきましょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました