ライトGM「トレードは最善の判断だった」 | 【NBA】SPURS-GYM

ライトGM「トレードは最善の判断だった」

スポンサーリンク
SASコラム

2022年のNBAオフシーズンが始まると、サンアントニオ・スパーズが将来に向けたチーム再建のプロセスを続けるのに、それほど時間はかかりませんでした。

昨シーズン中にチームはまずデリック・ホワイトをボストンに、ブリン・フォーブスをデンバーに、タデウス・ヤングをトロントにトレードしました。

しかし、スパーズが将来を見据えた最大の動きはオールスターガードのデジャンテ・マレーをホークスにトレードしたときでした。

その見返りとしてサンアントニオはホーネッツの2023年1巡目指名権(トップ16プロテクト)、ホークスの2025年1巡目指名権(アンプロテクト)、ホークスの2027年1巡目指名権(アンプロテクト)、2026年のホークスとの1巡目指名権スワップ権、そしてダニーロ・ガリナリを含む金額を受け取りました。

ガリナリはウェイブされましたが、チームの方向性が明確になりました。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

GM「最善の選択だった」

マレーのトレードは難しい判断でした。

スパーズのブライアン・ライトGMによるとマレーのトレードは難しい判断だったが、チームにとってベストのことだったと振り返っています。

ライトはマレーと別れる決断をしたことについてSiriusXM NBAラジオで話しました、

それはフランチャイズがある場所と未来に見て中心に展開されたと述べました。

トレードはちょうど私達のチームを構築し続けるために多くの選択肢を与えてくれた。

私たちは長い間、その1つで苦労してきた。

このビジネスでは、最終的にみんなにとってプラスになる結果を見つけられることは稀なんだ。

その時々の組織にとってベストなことをしなければならないが、今回の件で、私たちができたことは、構築するためのさまざまな道を開くことだと思う。

それ[ トレード ]は私たちは柔軟性から構築するための新しい手段を開いた。

獲得したピックを利用して、チームを作り続けるためのさまざまな手段を与えてくれるんだ

ブライアント・ライトGM

ライトは今後数年間のドラフトピックを含む、若い選手が成長してチームを構築するための時間を開きました。

また、MAX契約の可能性があるマレーを再契約しないことによって、より多くのキャップスペースを空けることができました。

そのシナリオはケルドン・ジョンソンの4年契約を結ぶことにつながりました。

ライトはまた、昨シーズン1試合平均21.1得点、8.3リバウンド、9.2アシストを記録したマレーの成長と、NBAのコートでさらに活躍し続けることができるアトランタに注目し、トレードはマレーにとっても勝利であると感じているようです。

ライトは再建中のスパーズの方向性に興奮しています。

再建には、フランスのビクター・ウェンバニヤマを大本命とするNBAロッタリー獲得への期待を込めて、2023年NBAドラフトの上位3位指名を獲得することも考えられます。

チームの行く末を信じて見守るしかありません。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました