スポンサーリンク

パデューがポポヴィッチHC が就任時のエピソードを語る

スポンサーリンク
NBA


サンアントニオスパーズのグレッグポポヴィッチHCは、 チームを率いて24年目になります 。

ポポビッチのNBAでのキャリアは1987年まで遡ります。

ラリー・ブラウンの元で経験を積む

ポポヴィッチはもともと1987年にラリーブラウンHCのもとでACを務めていました。

ACとしてウォリアーズで7年間務めた後、1994年にGMとしてスパーズに戻りました。

当時のスパーズはボブヒルHCでした。

しかし1996-97シーズンにポポヴィッチはチームの3-15のスタート後にヒルを解雇し、新しいHCとして引き継ぎました。

そして残りはポポヴィッチがフランチャイズを5つのNBAタイトルに導きました。

しかしHCとしてのポポヴィッチの最初の日はどのようなものでしたか?

パデューがエピソードを語る

元スパーズのセンター、ウィル・パデューは、ポポヴィッチの初期のコーチングの日々と就任当時のエピソードについて「Rejecting the Screen」という ネット番組で語りました。

ポポヴィッチがホテルの外に座っていて、フェニックスのバスに乗ったのを覚えているよ。そこで話し始めた。
「ええ、残念ながら今日はボブヒルを手放さなければならなかった。 今からいくつか変更を加える必要がある。 まずは練習に行こう。この時点(3-15)から、私たちは勝つつもりでいるよ。少なくとも私は。 けど勝ち負けよりも私があなたの基礎として伝えていきたいのは何よりもまず、努力すること。」
このようにポップが言ったのを覚えているよ。その後、
「私がやりたいのは、5つのプレイから学び始めること。 これらの5つのプレイをマスターすると、6番目のプレイ、7番目のプレイ、8番目のプレイを追加するよ。」と話していたよ。

Rejecting the Screenより

パデューはさらに、ポポヴィッチが勝利の文化をフランチャイズに浸透させたいと望んでいたこと、ロスター上の才能を評価することの重要性、そしてポポヴィッチがどれほど謙虚であったかを話しました。

興味がある人は聞いてみて下さい。

パデューは以前フィル・ジャクソンとグレッグ・ポポヴィッチとの違いについても語りました。

ポポヴィッチが指揮したことでスパーズはチームとして、組織として成長しましたが、それは個人を見抜く能力、謙虚さでもありました。

ポポヴィッチの初期のコーチング時代を垣間見ることは、ポポヴィッチが現在24シーズン目でも一貫した信念を持つコーチであることを反映しています。

物事を複雑にしようとせず、勝利よりも努力のような目に見えないものを選択することは、ブレていません。

タイトルの他にポポヴィッチは4度のオールスターHCを務めました。

NBAの年間最優秀コーチ賞(2003、2012、2014)を獲得し、USA代表のHCに任命されました。

ーーー
5時間限定!
\ブラックフライデーフラッシュセール開催中/

購読者様特別割引コード【TEAMJP57】
使用で驚異の57%オフ!!

超お得な神セールは見逃せない!
気になっている商品は今すぐカートへ!!

詳細はサイトでチェック!
ーーー


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました