スポンサーリンク

今シーズンの若手の成長と今後の課題は?

f:id:nba-iwantsomenasty:20200226215157j:image

スポンサーリンク

スパーズの若武者たち

 

2019-20のアップダウンシーズンを通しても、スパーズの個々のプレーヤーは目に見える進歩を遂げました。

スパーズは、再びウエストの頂点で戦うことができるチームを再構築しようとしています。

若い選手たちは、次の偉大なスパーズチームの一員になるのに十分なほどうまくなる可能性があります。

 

ただし、これを明確に証明したものはなく、すべてにまだ成長の余地があります。

 

注目を集めるためのさらなる進歩と改善のためのチャンスがあります。

 

ロニーウォーカーIV

21歳/ 2022年まで契約

アグレッシブにリムにアタック

ウォーカーは、今年、彼のディフェンスと判断力を改善するためのポップの挑戦について話しており、この努力は報われています。

 

スパーズシステムに対する影響力が増していることは、運動能力でリムにアタックしている点で明らかです。

 

またプルアップジャンパーを取るか、チームメイトにボールを振る場合もあります。

 

【ハイライト】


Lonnie Walker Career High 28 Points Full Highlights (12/3/2019)

ただしロニーのドライブは、リム(56.2%の割合)に到達するのではなく、フローター(5-9フィートから30.3%を撃つ)に留まると効果を失います。

 

驚異の運動能力でレーンが空いている場合は豪快なダンクをみせますが、フィジカルなディフェンダーに挑戦してファウルをもらうためには持ち前のスピードと強さをほとんど活かせてしません。

 

リムから遠く離れて空中でコントロールするロニー能力は印象的ですが、頻繁にディフェンダーにアタックするのではなく、接触を避けようとします。

 

先日のサンダー戦ではガリナーリ相手にもフィジカルな接触を避けました。

 

ロニーにはサイズ、強さ、爆発性があり、鋭くフィニッシュしたり、フリースローラインに到達したりできます。彼のポゼッションの大部分はリムへの強いドライブで構成されているにもかかわらず、平均よりわずかに低いフリースロー成功率です。

現時点ではチームのなかでのUsageで18%と非効率的なスコアラーです。

 

スパーズは彼により目立ったオフェンスの役割を引き受けるように見えるので、これは問題になります。

フィジカルを避けることを拒否し、代わりにダンク、簡単なレイアップ、フリースローで得点するとより信頼性の高い一貫したスコアラーに成長するのに役立ちます。

 

チメジー・メトゥ

22歳/2021年まで契約中

(2020-2021非保証)

メトゥは今年限られた時間しか見ていません。

運動能力とスキルを持っていますが、まだNBAローテーションプレーヤーとしての地位に値することを証明するほど十分にそれらを組み合わせていません。

 

ジャンプショットを開発する(少なくともミッドレンジから)

メトゥの理想的なオフェンス役割が何であるかは不明です。

フェイスアップ4のスキルを持ち、ドリブルで遅いビッグメンを攻めますが、そうすることで、ホワイトやウォーカーなどのスコアラーからボールを​​奪います。

 

Gリーグでは3P成功率46.7%のシュートを放ちます。これをどう活かすかが課題です。

 

サイズは6’9 “で、リムで支配するほどの大きさを持っていません。アウトサイドまたはリムからNBAの得点者としての実績がないので、ミッドレンジジャンパーが上達するとスクリーン、またはミッド/ハイポストでポップアウトするのに役立ちます。

 

Gリーグでのシューティングは、少なくともまともなジャンプシューターになるスキルを持っていることを示唆しています。

 


Chimezie Metu : All Possessions (01/27/20)

 

チームメイトにマークが集中してディフェンダーが無視する責任にならないようにオフェンスで貢献する方法を見つける必要があります。

 

ペリメーターディフェンス

ペリメーターで有能なスイッチディフェンダーになる可能性があります。

ガードに対応する素早さと、相手のウイングスコアラーを引き受けるサイズを持つことは、価値のあるディフェンダーになる可能性があります。

 

現在、その可能性は実現されていません。

 

メトゥが信頼できるマルチポジションのディフェンダーになれば、厳しいマッチアップに対して有用な武器になります。ツールはあり、願わくば、今後数ヶ月にわたってこの可能性が実際に見られるようになることを願っています。

 

 

デジョンテ・マレー

23歳/2024年まで契約中
マレーのオフェンスの成長に対する今シーズンの希望は高く、それらはほぼ達成されました。アウトサイドショットが改善しており、この1か月間、彼のプルアップミッドレンジショットは非常に一貫して落ちています。

 

トランディションオフェンスの活性化

マレーのミッドレンジ能力は、インサイドを固めた相手に対する有用なカウンターですが、レーンにスペースがある場合、彼はフープへドライブを仕掛けることができます。

 


Dejounte Murray Full Play vs Utah Jazz | 02/21/20 | Smart Highlights

これらの機会を最大化するために、ショットクロックの早い段階でオフェンスする必要があります。可能な場合はファーストブレイクで、ディフェンシブリバウンドの後にフロアをプッシュします。

マレーは常にトラフィックランするための技術を持っているわけではありませんが、ターンオーバーが減り徐々に安定しています。

 

マレーの運動能力、サイズ、オフェンス力があります。ディフェンスの準備が整う前にこれらを使用するとより簡単に得点できます。

 

ファンはこれらのプレーヤーが今年以降にどのように成長するかを楽しみにしています。

 

一方、チームの管理者は、ロスターこどの部分をアップグレードが必要で、どのアップグレードを現戦力でできるかを決定する必要があります。

 

プレーオフに届かなかったとしても、スパーズには今年も重要なバスケットボールがあります。

 

   


 

 

 

引用記事・画像:

Twitter Spurs

Assessing development of Spurs' Youth: Part 1 – Project Spurs
twitter.com

 

 

▼ たまにポチっとしていただけると、モチベーションがさらに上がります。

 
NBAランキング

 

#NBA
#バスケットボール
#サンアントニオ・スパーズ
#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました