スパーズがシソコとバーロウが契約した意味は?~将来への投資~

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズは先月、シディ・シソコとドミニク・バーロウの契約を正式に発表しました。

2023年ドラフトの全体44位指名のシソコは3年間の契約、アスレティックな2年目のビッグマン、バーロウは2way契約で復帰することになります。

これらの契約には少し混乱するかもしれません。

なぜならバーロウはサマーリーグで素晴らしいプレーを見せてスタンダード契約の候補になった一方、シソコはまだ未熟な印象を受けるからです。

また、スパーズは通常のロスターに18人の選手を加え、さらに2人の2way契約の選手もいるため、いくつかの選手をカットしなければならない状況にあります。

状況をよく理解するために、詳細に見てみましょう。

契約はトレ・ジョーンズと近い内容

シソコが2巡目指名選手でありながらスタンダード契約を獲得するのは奇妙に思えるかもしれませんが、スパーズがプロジェクト選手との取り扱い方に関して前例があります。

サンアントニオは過去にドラフトでトレ・ジョーンズを2巡目41位で獲得し、最低サラリーの3年契約を結んでいます。

この契約は完全に保証されているわけではありませんでした。

これによりスパーズは格安な契約で確保し、契約が満了したときに再契約するためのフルバードの権利も獲得しました。

おそらくシソコに対しても同じようなアプローチを取っているのでしょう。

この契約は、チームがコントロールしたい選手に対して与えるタイプの契約です。

スパーズは単に2way契約を提示することもできましたが、それは最長2年間しか続きません。

契約満了後にフルバードの権利を持たないことを意味します。

ちなみに4年契約だとシソコは契約満了後に制限なしのフリーエージェントになることになります。

3年契約は選手を制限なく本格的に育成できる適切な期間であり、同時に最初の契約期間が終了した後に再契約することができるようになります。

もしスパーズが最後の数年間を保証しない形で契約した場合、いつでも選手を放出することができるため、リスクはありません。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

バーロウは将来の計画に含まれる選手

バーロウはスパーズでまずまずのルーキーシーズンを過ごし、サマーリーグでも輝きを見せました。

だからこそ、なぜシソコがスタンダード契約を手にする一方でバーロウは2way契約で我慢しなければならないのかと疑問に思うかもしれません。

それはフロントオフィスが若いビッグマンの価値を低く見ているからでしょうか?

必ずしもそうではありません。

報道陣が示唆しているように、バーロウとスパーズとの間にはもともと2way契約を結ぶという合意があったようです。これは理にかなっています。

バーロウはサンアントニオとオースティンで多くの成長を遂げましたが、NBAのローテーション選手になるにはさらなる磨きが必要な可能性があります。

彼が十分な進歩を見せれば、チャールズ・バッシーのように複数年のスタンダード契約に変わることもあり得ます。

またバーロウへのコミットメントを急ぐ必要はありません。

なぜなら、2way契約中は他のチームが引き抜くことはできないからです

もし彼が輝いており、シーズン中にロスタースポットが空くようなトレードがあれば、そのときにスタンダード契約を得る可能性が高いでしょう。

当面は、お互いに急ぐ必要はなく、お互いにとってもベストな選択でしょう。

今後のロスター予想は?

チームはロスターの制限に達していますが、これがトレーニングキャンプのロスターであるということではありません。

現在、スパーズは2way契約の選手を含めて20人の選手と契約していますが、これはオフシーズンに契約できる最大数です。ただし、フルルームエクセプション(最大契約額約7M)を利用することで、他の選手を加える可能性もありますが、その場合は誰かを解雇する必要があります。

初見では、サンアントニオはすでにトレーニングキャンプのロスターを固定したように見えるかもしれませんが、それは必ずしも真実ではありません。

トレードに巻き込まれる可能性があります。

もしダミアン・リラードやジェームス・ハーデン、パスカル・シアカムがトレードされることになれば、サンアントニオは3番目のチームとして完璧な存在になるかもしれません。

またプレーオフ進出チームから急な怪我の選手が出た場合には、スパーズのベテラン選手が魅力的なターゲットになる可能性もあります。

現ロスターがトレーニングキャンプを始めるときのものになる可能性はありますが、その前に変化があることも驚くことではありません。

この状況はスパーズのフロントオフィスにとってはバランスの取れた難しい判断が求められるものでしょう。

若手選手の発展と将来の成功を見据えつつ、現在のロスターにはどのような変更が必要かを慎重に考える必要があります。

ファンたちは今後の動きに期待を寄せることでしょう。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次