トレ・ジョーンズの成長がチームを救う? 〜過小評価の司令塔〜

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズのガード、トレ・ジョーンズはスパーズのロスターで最も優れたポイントガードです。

まだ完璧な選手ではありませんが、バランスの取れたスキルを持ち、先発PGに適しています。

オフシーズンに大きなアップグレードがなく、バックアップガードは不確定なので、ほぼ確実に来シーズンも再び先発することになるでしょう。

ジョーンズは前シーズンにサンアントニオ・スパーズの先発PGとしての役割を引き受け、キャリアで最高の年を過ごしました。

平均12.9ポイント、6.6アシスト、1.3スティールを記録し、FG成功率45.9%でした。

アシストとターンオーバーの比率でNBAで8位であり、1ターンオーバーに対して4つのアシストを記録しています。

彼はチーム内でWin share(選手によって貢献された勝利の数の推定値)で1位でした。

高いスティール率(2.1%)を持ち、スパーズのディフェンスでの貢献でもチームトップクラスでした。

ほぼすべてのデータが示しているように、ジョーンズは生産的なNBA選手です。

弱点の克服が必要

スパーズのヤングコアの重要な一員と見なされるのを妨げるのは、3P成功率が28.5%であるという唯一の欠点です。

ジョーンズは積極的にアウトサイドシュートを打つタイプではなく、1試合平均2.3本のシュートを打ちました(158本の3P試投数で45本成功)。

ただスパーズはジョーンズをシューター化する必要はありません。

デビン・ヴァセル、ザック・コリンズ、ダグ・マクダーモットのような選手が、一試合5〜6本の3ポイントシュートを打つことができる選手はたくさんいます。

それでもジョーンズは平均以上のスリーポイント成功率を求められています。

しかし、まだ最初の3シーズンで実現していません。

新しいシューティングコーチ、ジミー・バロンのもとで、ジョーンズは新たな指導のもとで3ポイントシューターとして向上することができるでしょうか?

あわせて読みたい
シューティングコーチにジミー・バロンが就任。その意図は? 報道によると、サンアントニオ・スパーズは5月初めにIMGアカデミーのコーチを務めていた、ジミー・バロンを新たなシューティングコーチとして雇ったようです。 https://...

バロンはケビン・ラブ、デリック・ローズのジャンプショットの向上に貢献しており流動性を重視しています。

これは、ジョーンズのジャンパーが必要としている要素です。

ジョーンズの3Pにはあるクセが…

昨シーズンのジョーンズの158本の3ポイントシュート試投を確認したところ、驚きの事実が分かりました。

ジョーンズがアウトサイドシュートでドリブルからシュートを打つ際、滑らかなフォームでシュートしています。

プルアップジャンパーでは9/39しか成功していませんが、フォームは滑らかです。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

これらのショットとは対照的に、スポットアップシュートを考えてみましょう。

ジョーンズのシュートまでの1連の動作は、素人の目から見てもぎこちないです。

常にボールを体の左側に持っていき、その後ボールを右に持っていきリリースします。

時にはボールを右側でキャッチして準備動作で左に持っていき、再び右側にボールを移動させシュートすることがあり、リリース前に独特な動きをします。

このリリース前の動作のせいで、シュートフォームが硬い印象です。

他の効果的なNBAシューターを見ると、一般的に準備動作からリリースまでの軌道はまっすぐです。

彼のシュートを効率的にもう少し滑らかにすることで、シュートを改善する手助けができるかもしれません。

ジョーンズとバロンが一緒に取り組む解決策に注目して、彼の成功率向上にどのような成果が得られるかを見守りたいですね。

ポジティブな面もあり

ただ楽観的な側面もあります。

それは兄の存在です。

兄のタイアス・ジョーンズは最初の4シーズンは3P成功率は36%未満でしたが、次のシーズンは200本の3ポイントシュートを打ち、39%を成功させました。

つい最近のシーズンでも、タイアスは326本の試投で3P成功率37%を記録しました。

不安定なシューターから確実なシューターへと、8年間のキャリアの中で進化しました。

もし今シーズンに30%以上の成功率を記録できれば、それは成功だと言えるでしょう。

ジョーンズは今シーズン、ビクター・ウェンバンヤマ、ケルドン・ジョンソン、ヴァセルのような若いスコアラーとともに強力なコネクターとして自己を確立する絶好の機会があります。

別のレベルに引き上げるためには、アウトサイドシュートを改善する必要があります。

それによってスパーズのショットクリエイターたちにとってもフロアが広がるでしょう。

彼はサンアントニオでのバロンの最初のプロジェクトの一つです。

これらの二人がジョーンズのシューティングの問題に対する解決策を見つけるかどうかは時間が教えてくれるでしょう。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次