ヌルキッチ:「ティム・ダンカンはNBA史上最も過小評価されている選手の一人」 | 【NBA】SPURS-GYM

ヌルキッチ:「ティム・ダンカンはNBA史上最も過小評価されている選手の一人」

スポンサーリンク
SPURS
Clutctpointsより

過小評価の象徴

長いNBAの歴史で過小評価されているNBAプレーヤーの議論になると、サンアントニオスパーズのレジェンド、ティムダンカンの名前がよく挙がります。

そうは言っても、ポートランドトレイルブレイザーズのビッグマン、ユスフ・ヌルキッチはダンカンがそのようなリストのトップにいることに同意しています。

この話題は今週初めにTwitterであり、ヌルキッチは20年近くスパーズフランチャイズを務めたレジェンドのダンカンの名前を上げました。

サンアントニオでNBAのキャリアを過ごした現在44歳のティムダンカンは、もともとウェイクフォレスト大からの1997年のNBAドラフトで総合1位のスパーズに選ばれました。

実績は歴代トップクラスの化け物

ダンカンは5回のNBAチャンピオン、15回のオールスター選出、15回のオールNBAチーム、15回のオールディフェンシブチーム、そしてネイスミスメモリアルバスケットボール殿堂入りのメンバーに選出されました。

スパーズの支配的なフォワードとしてのコートに君臨しました。

それだけでは不十分な場合、ダンカンは1997-98 NBAルーキーオブザイヤー、1997-98 NBAオールルーキーチームのメンバー、1999-00オールスターゲームMVP、リーグMVPと3回のNBAファイナルMVPに選ばれました。

2015-16シーズン後にNBAから引退したダンカンは、スパーズのメンバーとして1,392の試合に出場し、1試合あたり平均34分も記録しました。

ダンカンは1試合あたり平均19.0ポイント、10.8リバウンド、3.8アシスト、2.2ブロックの成績で輝かしいプロとしてのキャリアを終えました。

歴代で五本の指に入る実績の持ち主ですが、地味なプレースタイルと謙虚な性格によって過小評価の象徴とされています。

今はスパーズのアシスタントコーチとしてチームを支えています。

私がスパーズを応援するきっかけとなった選手です。

引退しても大好きです。


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました