トニー「 カワイの一件は事実と異なる」 | SPURS-GYM

トニー「 カワイの一件は事実と異なる」

スポンサーリンク
SASコラム

3年前の苦い思い出

数年前サンアントニオスパーズは苦い思い出があります。

カワイ・レナードが引き起こした物語です。

最後の数日間は特に複雑に見えました。


噂は先走り、レナードがニューヨークのスパーズのスタッフを無視したという報告、チームとの彼の将来や健康についての質問、そして彼の足の怪我がレナードよりもひどいというトニー・パーカーのコメントがレナードのサンアントニオ時代の棺桶の釘でした。


運命がそれを持っているように、サンアントニオでのパーカーの最後のシーズンもレナードのものでした。

パーカーはシャーロットでプレーし、レナードはトロントにトレードされました。

スパーズとレナードの間で何が起こったのかについての完全な話は決して明らかにされないかもしれません。

しかしパーカーはレナードとプレーしたことについてどう思ったか、レナードがスパーズを去ることについてどう思ったのでしょうか。

パーカーはそれについてリンガーのライアン・ルッシージョと話しました。

噂は全て違う。 私はカワイについて言えることは良いことしかない。 私は彼と素晴らしいシーズンを過ごした。 私たちは一緒に信じられないほどプレーした。 一緒にチャンピオンシップに勝った。 チームとして私たちは素晴らしい関係だったから、私はずっと彼と一緒にプレーできたことをとても祝福していると感じている。
それから何か別の選択をすることに決めた、それは皆の権利だ。

TheUndefeatedのインタビューより

ペアは2014年にタイトルを獲得しました。

時代は「ビッグ3」時代からレナードに渡されていました。

最終的に、それは決して実現しませんでした。

パーカーは、レナードと比較して彼の怪我について話すとき、彼の言葉はねじれたと言って、TheUndefeatedでコメントに反応しました。

カワイには問題ない。 怒りもない。 ジャーナリストが私の怪我がカワイよりもひどいのかと私に尋ねたときそれが本当だったのでイエスと言った。 しかしそれは彼の怪我の具合を軽視したのではない。メディアがその一言だけを引用して、私がカワイを批判した、プレーしたくないように報道したのはとても悲しい。

カワイはフランチャイズを引き継ぎ、私は喜んでフランチャイズのトーチをあきらめた。 カワイはフランチャイズの顔だった。

TheUndefeatedより

ザザの足入れ事件が無ければこうならなかったかもしれないと思うと後悔が残ります。

ただ今のカワイの姿を見ているとサンアントニオを出て行く運命だったのかなと思います。

特にカワイは応援も期待もしていませんが、このように今後ならないようにメディカルスタッフ、プレーヤーとのコミュニケーションをしっかり取って、団結を強めてほしいですね。

引用記事:

'I had a great years with him,' Tony Parker talks time with Kawhi Leonard
SAN ANTONIO - The Kawhi Leonard-San Antonio Spurs saga was seemingly complex in the final days. Rumors ran wild, reports of him dodging Spurs staffers in New Yo...

コメント

タイトルとURLをコピーしました