コリンズが左足腓骨骨折で離脱 | 【NBA】SPURS-GYM

コリンズが左足腓骨骨折で離脱

スポンサーリンク
SPURS

サンアントニオ・スパーズのセンター、ザック・コリンズは11月4日に行われた対クリッパーズ戦で脚を負傷しました。

MRI検査の結果、左腓骨頭の非転移骨折をしたと発表し、数週間の欠場を余儀なくされることになりました。

腓骨とはスネの骨です。

チームは復帰に関する最新情報をアップデートしていきます。

腓骨骨折の一般的な治療は数週間はブーツやギブスで固定します。

このタイプの骨折は2~4週間ほどの離脱となります。

今までケガに苦しんできたコリンズ

コリンズはNBA入りして以来、怪我に悩まされてきました。

ポートランドでは左足首の疲労骨折の手術を受け、2020-21シーズンを全休しました。

2021年6月29日に足を再骨折することになる。

スパーズは2021年8月にコリンズと契約し、回復とリハビリのためにGリーグのオースティン・スパーズに移籍させ、2021年2月4日にNBAに復帰することになります。

コリンズはこの怪我をする前、今シーズン9試合に出場して1試合平均8.3点、4.7リバウンド、2.8アシストを記録していました。

貴重なバックアップセンターは失うことになりました。

その間は2way契約のバッシーとジェンで補うこととなるでしょう。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました