ヴァセル負傷後にステップアップすべき3名の選手は?

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズはフェニックス・サンズを再び打ち負かし、今回は説得力のある方法で勝利を収めましたが、その過程でデビン・ヴァセルを失いました。

ヴァセルは股関節の違和感を感じた後、試合の後半を欠場しました。グレッグ・ポポビッチコーチは楽観的ではなく、スパーズの2番目に優れた選手がいつまで欠場するかという疑問が浮上しました。

昨シーズン、膝のケガで42試合を欠場したことを考えるとサンアントニオにとっては特に悪いタイミングです。

検査の結果、股関節のケガは重傷ではないとの報道があり、先日のニックス戦で復帰しましたが、まだ本調子ではないようです。

スパーズはヴァセル以外の選手がステップアップする必要があります。

ヴァセルがラインナップから外れている間に存在感をアピールする必要がある3人の選手を見てみましょう。

3.セディ・オスマン

シーズンの最初の5試合で、ジェディ・オスマンはベンチからのチームの2番目に優れた選手でした。クリーブランド・キャバリアーズからスパーズに獲得されたオスマンは、キャバリアーズがマックス・ストラス獲得のためにサラリーをダンプトレードで獲得した選手ですが、それまでの期待を上回っていることが明らかです。

彼は1試合あたりほぼ5本の3P試投数で3P成功率48%を記録し、素早いエネルギーを提供しています。

オスマンは予想以上に優れたディフェンスをし、パスも上手いことが証明されています。

ヴァセル不在時にスタートする可能性は低いですが、シーズン開始時に平均21分以下の出場時間であり、出場時間が増えるかもしれません。

彼のプレーが良いことを考えると、それは悪いことではないでしょう。

サンアントニオがロケッツとサンズに対して後半の状況で成功している理由の1つは、オスマンなどのベンチプレーヤーが特徴的なラインナップでプレーしているからです。

彼の存在が、サンアントニオが3P成功率でトップ12にランクインし、昨シーズンは29位だったオフェンスレーティングをリーグ平均に近づける大きな要因となっています。

ポポビッチはオスマンより大きな役割を果たすことを任せるかもしれません。

2.トレ・ジョーンズ

4年目のガード、トレ・ジョーンズはシーズン開始からベンチからの出場にもかかわらず、驚くほど大きな役割を果たしています。

実際ウェンバンヤマとヴァセルに次いで、スパーズの3番目に優れた選手であることは明白です。

ジョーンズがコートにいると積極的なペースアップによってチームははるかに速くプレーし、クロスコートパスの意欲が高くペースを維持することに成功しています。

ウェンバンヤマは、ペリメーターで守備をしている際にすぐさまトランジションオフェンスに切り替えることが多く、それに対して、ジョーンズはトランジションでウェンバンヤマを素早く見つける絶好のガードです。

ハーフコートでも明らかにチームで最もうまくロブを投げることができる選手です。

通常なら大したことではないかもしれませんが、ウェンバンヤマはリム周りのほとんどのボールを取れる能力を持っているので、簡単に得点できる効率的な方法です。

ジョーンズをポイントガードとして先発させ、ジェレミー・ソーハンをシューティングガードに配置することで、ポポビッチは経験豊かなプレーメーカーを含むスパーズの先発ラインアップの可能性を探る機会が得られます。

シーズン序盤の成績に基づくと、このラインアップはウェンバンヤマがジョーンズに助けられて簡単なバスケットを数多く決めるため、ヴァセルの不在分を補うのに有益な可能性があります。

またジョーンズはアウトサイドシュートも改善しています。3P成功率37.4%でフローターのシュートもタッチを取り戻しました。

再び得点の脅威として通用し、スパーズでずば抜けたプレーメーカーである彼は、ヴァセルが不在でもより多くのプレー時間を得るべきでしょう。

1.マラカイ・ブラーナム

プレシーズン中に奮闘した後、2年目のガードであるマラカイ・ブラーナムが前進したように見えたものの、シーズン開始からうまくいっていません。

一部はオスマンの力強いプレーの影響もありますがブラーナムの出場時間が減少しています。

サンズ戦の後半と同様に、ヴァセルの代わりに先発する可能性があります。それが彼の立ち直るために必要なものかもしれませんが、ジョーンズの方が良い選択肢である可能性もあります。

それでも、ポポビッチは役割が小さい選手を先発させてローテーションを保つことで知られており、ブラーナムについても同じことをするかもしれません。

スパーズにもう1人のボールハンドラーを提供できます。

現在はシュート不調ですが、前シーズンよりも良く見えます。

さらにプレシーズン中に3P成功率47.1%を成功させました。

彼が先発するかベンチから出場し続けるかにかかわらず、ヴァセルがいない状況で彼の出場時間が増える可能性が高いです。

スパーズは彼のシューティングタッチを戻す意味も含めて、増加した出場時間でそれに応えることができるかもしれません。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次