グリフィン「サンアントニオでプレーしたかった」

  • URLをコピーしました!

NBAの選手生活を14シーズン過ごした元NBAオールスターのブレイク・グリフィンが引退を発表しました。

グリフィンは4月16日にソーシャルメディアで「バスケットボールへの手紙」という形での引退宣言を考えていなかったと述べ、「まだ引退するとは思っていなかった」と書きました。「しかし、キャリアを振り返る中で、私が何度も感じるのは感謝の気持ちであり、表現したいこともそこに尽きると思いました。」

グリフィンは2009年のNBAルーキー・オブ・ザ・イヤー賞、スラムダンクコンテストの優勝、そして6回のオールスターゲームなど、数々の栄誉を手にしてこのゲームから退きました。

彼はクリッパーズでのNBAキャリアの大半を過ごし、「ロブ・シティ」時代の一員でしたが、後にピストンズ、ネッツ、そしてセルティックスに加入しました。

しかし、彼は常にサンアントニオ・スパーズに加入したかったと認めています。

フォワード・ウィズ・ランス・アームストロング」とのインタビューで、グリフィンにNBAキャリア中に加入したいと思っていたチームがあったか尋ねられました。彼の答えは速かったです。

私は常にポポビッチの指導の下でプレーしたかったんだ。

ただポポビッチの指導に適応できる選手がみんないるわけじゃないと思う。

それは彼のやり方だ。

ただしティム・ダンカンがそれに参加した。

最高の選手のティム・ダンカンがそこにいた年数やそれ以前にデビッド・ロビンソンがいた時代。

偉大なチームだった。

ダンカンとロビンソンがスパーズのダイナスティの時代を始めるのに、どのように貢献したかはみんなわかるよね。

ダンカンがキャリアの最高潮に達したときでも、ポポビッチがフィルムセッションでダンカンを叱っているのは素晴らしい。

指示を聞き、実行して単に複数のチャンピオンシップを勝ち取ったんだ。

私はそれが好きだ。

私の父もそうだった。父は高校のバスケットボールコーチで、真面目だった。ポポビッチは私が本当にプレーしたかった指導者の一人だった。

ただ(ポジション的に)スパーズには加入できない状況だったよ。」

ブレイク・グリフィン

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

グリフィンがスパーズでうまくいったかどうかは疑問です。

ダンカンとグリフィンが同じポジション(フォワード)でプレーしていたら、両方がロスターに入る余地があったでしょうか?

グリフィンは控えの役割を引き受けるか、またはロビンソンが引退した後の「ツインタワー」アプローチのようにスパーズがダンカンとロビンソンを使用した方法を採用するでしょうか?

また、グリフィンがスパーズとしてどれだけのサラリーを受け入れることになるのでしょうか?

2018-19シーズンは、グリフィンがスパーズに加わるのに最適なタイミングだったかもしれません。

チームはダンカン時代を終えており、彼はフランチャイズが中心選手を見つける前に素晴らしい「橋渡し」選手になったでしょう。

グリフィンは、キャリア平均で1試合あたり19得点、8リバウンド、4アシストを記録し、FG成功率は49.3%でした。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次