今季スパーズで最も成長した選手は?

  • URLをコピーしました!

サンアントニオ・スパーズ不満が多かったシーズンで、22勝60敗の成績で終わり、ウエスタンカンファレンスの順位は14位でしたが、それでも来年に期待できる方法や選手がいくつかありました。

今年も昨年同様に、成長の年でした。

チームはNBAレベルで一体感を持ち、共に成長しました。

シーズンが進むにつれ、最初の頃にはなかった連携と目的が生まれました。

ビクター・ウェンバンヤマなど、多くの選手が将来の光を見せましたが、今シーズン最も成長した選手はポイントガードのトレ・ジョーンズでした。

【ゾロ目の日は超お得!!マイプロテイン 】

過小評価されたトレの成長

スタッツ的に見ると、ジョーンズは多くの部門で改善しました。

今シーズンは68試合から77試合に増えましたが、スターターは48試合でした。

彼の出場時間は減少し、1試合あたりの平均出場時間は29.2分から27.8分になりましたが、FG成功率は昨シーズンの45.9%に比べて今シーズンは50.5%と大幅に向上しました。

FG成功率が50%を超えるガードは優れた数字です。

ジョーンズの3P成功率も大幅に向上しました。

昨シーズンは3P成功率が28%でしたが、今シーズンは33.5%に改善し、対戦相手のディフェンスはこれに対応する必要があり、コートの他のエリアでスペースを開けることができます。

ジョーンズのアシスト数はわずかに減少しました。 22-23シーズンは1試合あたり6.6回でしたが、今シーズンは6.2回でしたが、出場時間が2分低下した影響です。

ジョーンズはボールをより良くコントロールし、ターンオーバー数も1試合あたり1.6回から今シーズンの1.5回に減少しました。

ジョーンズの平均得点は今シーズン10.0に減少しましたが、1試合あたりのシュート数は3本少なくなりました。

スパーズにはよりフォーカスされたオフェンスのオプションが増えたため、ジョーンズは以前ほどシュートする必要がありませんでした。

改善された数字の1つは、今シーズンの1試合あたりのファウル数が1.2に減少したことです。

最もトレが成長した部分は?

最も注目すべき改善点は、彼の安定した、成熟したプレイです。

彼は数年間リーグに参加しており、彼のベテランの地位に関してはザック・コリンズやケルドン・ジョンソンと同じくらいの評価を受けています。

若手選手は彼を指導者として見ています。

ジョーンズは、シーズンの初めからベテランらしくポイントガードのローテーションを処理し、不満を言わずに毎日改善に取り組みました。

彼が先発する役割を果たす時が来たとき、彼はそれを手放すことなく、シーズンが進むにつれてスパーズがオフェンスの連続性を達成するのを助けました。

スパーズは、チーム全体がジョーンズの決意と強さからエネルギーを得ました。

チームは来シーズンもさらに向上するでしょう。

彼のメンタルタフネスと決意に加えて、統計的にはほとんど改善された数字があるため、ジョーンズは良い評価を受けています。

引用元: Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次