各チームのFAで移籍しそうな選手は? 〜スパーズの場合〜 | 【NBA】SPURS-GYM

各チームのFAで移籍しそうな選手は? 〜スパーズの場合〜

スポンサーリンク
SASコラム

NBAの各チームは今シーズン終了後、 フリーエージェントになる選手を抱えています。

その状況になった選手は出場機会を求めて別のチームと契約したりチームに忠誠を誓って残留したり、どこからも契約をもらえず無所属になるなど、さまざまなドラマがあります。

ブリーチャーレポートでは、各チームの来シーズン、フリーエージェントになる選手で自チーム以外と契約する可能性がある選手をリストアップしました。

スパーズはどの選手が該当するか確認しましょう。

【NBA観戦に最適!楽天モバイル! 】

ロニー・ウォーカー

マヌジノビリは今シーズンロニーウォーカーを熱心に指導していたようです。

スタッツシートでは昨シーズンと大差はありませんが、トレードデッドライン直後からブレイクアウトを見せています。

ロニーのデッドライン後の成績は19試合に出場して平均15.7ポイント、FG成功率54%、3P成功率36%を記録しました。

ロニーは毎シーズン の終盤に復調している ようです。

ロニーは爆発的な得点力を持ち ショットセレクションのかかわらず得点を重ねる能力は優れていますが、まだまだ一貫性やプレイへの自信は不足しています。

それでも今シーズンは プレイの進歩も披露しました。

ミドルレンジからのプルアップショットは精度は向上しており、FG成功率46.4%を記録しました。


またシュートアテンプトの割合ではペイントエリアで73%以上を記録しました。

またオフェンスのクリエイターとして多くのボールスクリーンをセットして、ハンドラーとしてショットクリエイトする役割を手にしました

彼はまだ23歳です。

スパーズに残って結果を残すことは、ロニーにとって正しい判断かもしれません。

それでもスパーズは現在再建しながら戦力アップを図っています。

ポジション重複問題

しかしスパーズは同じタイプの選手が多く揃っています。

マレー、ヴァセル、トレ・ジョーンズ、プリモ、リチャードソンとガード・ウィング・スウィングマンの選手層が厚い状況です。

たとえサラリーの問題ではなくてもSG、SF のポジションで得点力と爆発力を持っている選手を欲しがるチームがいる場合は、ロニーはより大きな役割と出場時間を求めて移籍することも選択肢として挙げられるでしょう。

獲得に興味がありそうな球団:デトロイト、マイアミ、ワシントン

現在のスポーツの中では最もアスレチックで爆発力がある選手です。

今シーズンはドライブからも得点を重ねることができ成長した姿を見せました。

オフボールムーブやハンドリングがあと一歩改善できれば、さらに楽しみな選手になるでしょう。

個人的にはジャズのジョーダン・クラークソンのようにベンチから淡々と得点を重ねることができる選手へ成長して欲しいです。

応援しています!

引用元:BleacherReport

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました