ベッキー「さよならをするのはつらかった」 | 【NBA】SPURS-GYM

ベッキー「さよならをするのはつらかった」

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオ・スパーズのベッキー・ハモンACはプレーイントーナメントを待たずしてサンアントニオを去りました。

チームの2021-22レギュラーシーズンが終了すると、WNBAのラスベガス・エースでヘッドコーチの仕事を始めることになりました。

チームのペリカンズとのプレイイン戦を前に、グレッグ・ポポビッチHCがベッキーがエースで仕事を始めたことを発表しました。

ベッキーはあらゆる方法、フォームで私たちのプログラムの不可欠な一部となっている。

WNBAの挑戦は彼女の多くのスキルを強調するための素晴らしい機会だ。

彼女のゲームに対する直感的な感覚と教える能力は、エースがシステムと文化を確立する上で、非常によく役立つだろう。

グレッグ・ポポヴィッチ

ベッキーがバスケットボールキャリアの次の章を開始している今、彼女はついにサンアントニオを離れることについて話しました。

私は明らかにそこに多くの時間を過ごした。

彼(ポポビッチ)と一緒に戦い続けた。さよならを言うことは、私自身だけでなく、ポップと[スパーズ]組織にとって、かなりつらかったね。

ただ、彼らのリーダーシップと私への信頼に本当に感謝しているよ。

本当に将来的に成功したコーチになるために準備しているよ。

ベッキー・ハモン

ベッキーは、ラスベガスの新しいコーチとして素晴らしいスタートを切っています。

ベッキーはエースでのコーチングアプローチで選手がプロフェッショナルであることがいかに重要かと強調しました。

ベッキーはラスベガスでの最初の4年間エースのコーチを務めたビル・レインビアの後任です。

レインビアはエースを3度のWNBAセミファイナル進出と2020年のWNBAファイナルに導きました。

ベッキーはWNBAで16シーズンプレーし、そのうち最後の8シーズンはサンアントニオでプレーし、フランチャイズを初のWNBAファイナル進出に導きました。

2014年8月5日、サンアントニオは彼女をフルタイムACとして採用し、リーグ史上初の女性アシスタントの座に就きました。

2020年12月30日、サンアントニオの対ロサンゼルス戦でポポビッチが退場した後ベッキーがベンチで指揮を執り、NBA史上初の女性ヘッドコーチ代行となりました。

2015年のスパーズサマーリーグ(ラスベガス)を優勝に導いたこともあります。

ベッキーはスパーズの組織やNBA内だけでなく、サンアントニオのコミュニティでも惜しまれることでしょう。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました