トレ・ジョーンズはバックアップPGの地位を確立できるか? | 【NBA】SPURS-GYM

トレ・ジョーンズはバックアップPGの地位を確立できるか?

スポンサーリンク
SASコラム

オールスターのデジョンテ・マレーのバックアップポイントガードとして限られた時間しかプレーしなかった2年目ガード、トレ・ジョーンズはサンアントニオ・スパーズのキープレーヤーとして頭角を現しました。

その増加の役割は彼の堅実なプレーの結果で、マレーと一緒に2ガードラインナップは、スパーズオフェンスの異なる視線を与えて新しい武器となりました。

ほとんど3Pを打たないジョーンズ

それにもかかわらず、ジョーンズは3P試投数はシーズンで51本に留まり、3P成功率19.5%とオフェンス面でのフィットは疑問視されていました。

トレ・ジョーンズは課題を克服できるか?
スパーズの控えポイントガード、トレ・ジョーンズは今シーズン、スパーズでより重要な役割を手にしています。ジョーンズは貴重なバックアップポイントガードとして持ち味を発揮しています。オフェンスではペースのコントロ...

ジョーンズはショットの54%がペイントエリアです。

プルアップ、フローター、およびレイアップを活用して効果的に得点を重ねることで補っていました。

それは良いことですが、 ポイントガードのポジションでアウトサイドシュートを打つことができないのは問題です。

ジョーンズは味方の得点をアシストすることや、ハンドラーとしてボールムーブメントを促すことに長けています。

それでも彼の役割や出場時間が増加することに伴い、オフボールからのスコアリング能力やアウトサイドシュートが必要不可欠になってきます。

結局のところ、ジョーンズはラインアップを維持するためにシューターとして改善する必要があります。

【 ゴールデンセール中!買うなら今!マイプロテイン 】



元スパーズの選手とそっくり?

ジョーンズは良いプレー判断が持ち味でディフェンダーとしての評価が高く、 得点の多くがペイントエリアやプルアップミドルシュートです。

このスキルセットは元スパーズ(現ピストンズ)のコーリー・ジョセフを連想させます。

ジョセフはどのチームに所属しても有能な プレーヤーになり、彼は長いキャリアを歩んでいます。

ジョーンズも長いキャリアを 歩むかもしれませんが 現代バスケに沿ったスキルセットを獲得する必要があります。

特にオープンショットを高確率で沈めることができればより長いキャリアとなるでしょう。

競争を継続する必要

ただ ジョーンズは危機感を覚えなければならないシチュエーションにいます 。

現在のロスターではジョシュ ・ プリモは、最終的にその役割を埋めることができます。

また多分スパーズは2022年NBAドラフトで最低でも一人はガードを指名するでしょう。

ジョーンズはシューティングで苦戦していますが、幸いにも大学時代はシューターとしての素質は十分にありました。

将来合格点のアウトサイドシューターになるチャンスがあります。

デューク大学でのラストシーズンでは3P成功率36.3%で1試合あたり3.7本シュートを放っていました。

さらにFT成功率は77%で、NBAに入ってからも80%を記録しています

だからといって必ずよいシューターになるとは限りませんが、一般的にフリースローが上手い選手は良いシューターになる可能性が高いです。

それは彼が良いシュートタッチを持っている 証明となります。

さらに洗練させることで、スパーズの長期的なバックアップポイントカードになる可能性があります。

高い競争意識を持つジョーンズなら改善できるでしょう。

活躍を期待しています。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

100万部突破!

この本のおかげで出費が大きく減りました。



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. パパさん より:

    確かに課題は多々有るでしょうが、克服して更なるレベルアップを果たしてくれると信じてますよ❗️
    勿論SASで長くキャリアを続けて欲しいですが、他のチームに移っても重宝される選手として活躍して欲しいかな。コーリー・ジョセフか、渋いですね。

タイトルとURLをコピーしました