デローザン「SASとのトレードはクレイジーだった」

  • URLをコピーしました!

デマー・デローザンは今まで3シーズン、シカゴ・ブルズでスターとして活躍しています。

デローザンは2009年からリーグに在籍していますが、年齢にもかかわらず近年の彼の活躍は全く衰えていません。

8月に35歳になりますが、今も以前と同じくらい良い成績を残しています。

デマー・デローザンがブルズに加入する前は、サンアントニオ・スパーズとトロント・ラプターズでプレーしていました。

デローザンは2009年から2018年までラプターズでプレーし、その後2018年から2021年までスパーズでプレーしました。

デローザンはラプターズでプレーすることを愛し、自分のキャリアをそこで終えるつもりだと考えていました。

長い間そこでプレーし、スパーズにトレードされたときはショックでした。

最近デローザンはThe Pivot Podcastでその経験について語り、その状況が精神的健康に大きな影響を与えたことを明らかにしました。

正直に言うと、メンタルがめちゃくちゃになったよ。

クレイジーだよ。

今はそれについて話すのも全然平気だけど、長い間めちゃくちゃだった。

まずトロントは自分が行きたかった場所だし、自分のモチベーションや原動力はすべてを捧げてトロントを有名にすることだった。

大好きな選手のコービー[ブライアント]のモットーに従いたかったし、ひとつのチームでプレイしたかった。そうゆうキャリアを計画していたから、トレードされたときは本当にショックだった。

当時は家族のことを抱えていたし、君が言ったように、父が病気になり始めたときだったからね。

プロとしてのキャリアで初めて、自分がどうにもならなくなった、

途方に暮れたような気分になった。すべてのことに疑問を持ち始めたんだ。

明暗を分けたトレード

ラプターズはカワイ・レナードを獲得し、次のシーズンにはチャンピオンに輝きました。

デマー・デローザンはトレードが起こった日を明確に覚えています。

彼は映画を見ている時に電話がかかってきたため、出ることができませんでした。

最終的にGMと連絡が取れたとき、彼は泣きました。

映画試写会で『イコライザー2』を観ていた日のことは忘れないよ。

デンゼル(ワシントン)が隣の席に座っていたんだ。すごくクールな瞬間だった。

その時GMから何度も電話がかかってきて、電話に出られなかったから、もういいや、Twitterをチェックしようと思ったんだ。みんな、何が起こっているのかTwitterでチェックしたがるだろ?

Twitterにも何も書いてなかったから、映画館を出て電話がかかってきて、トレードされたって言われた。

車の中で何か食べようとしていたんだ。電話がかかってきたとき、同乗者には何が起こったのかは言わなかった。

ただ、車を止めろって言っただけだ。

オレは車から降りて歩き始めた。

道を歩いて、ファストフード店の前に座り泣き始めたよ。

信じられなくてね。

デローザンは今ではシカゴで幸せそうですが、そのトレードは彼に大きな影響を与えました。

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

人工甘味料不使用でおいしい!

【MAD PROTEIN(マッドプロテイン)リッチチョコレート味!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次