Dグリーン「バブルのタフな状況を乗り越えられたのはスパーズのおかげ」 | 【NBA】SPURS-GYM

Dグリーン「バブルのタフな状況を乗り越えられたのはスパーズのおかげ」

スポンサーリンク
NBA

新型コロナウイルスの大流行により 2019-20シーズンは中断されました。


シーズンが再開した時、リーグはオーランドバブルを形成してチームを集めました。

このアイディアはキャンパスに侵入した 場合のウイルスの拡散を最小限に抑えながらプレイヤーとスタッフが感染するのを防ぐことでした。


このコンセプトは機能してプレイヤーはウイルスに感染しませんでしたが、 バブル内の選手たちは精神的および感情的な負担が大きくなっていきました。


家族、友人、子供達から隔離され、リーグ指定の施設に孤立していました。

当時ロサンゼルスレイカーズに所属していた元スパーズのダニー・グリーンは、幸運なことにスパーズで過ごしていた時間は彼がバブル内で生活する上で、精神的に強い助けとなりました。

現在シクサーズに所属するグリーンはミュージシャンのFAT JOEとのインタビューで昨シーズンのバブル、スパーズのことについて話しました。

ティムとスパーズの組織の全ての人が僕が前へ進んで成功できた理由だ。

彼らは僕にプロになる方法と精神的に強いままでいる方法を教えてくれた。 それらの経験がなければバブルで経験したことのいくつかやり遂げることができなかっただろう。

特にティム、トニー、マヌ、ポップ は本当に僕を精神的に強くなるのを助けてくれた。

動画はこちらから

NBAバブルは想像以上にプレイヤーたちに精神的な負担が大きかったようです。

グリーンはその後レイカーズで2020年のNBAタイトルを獲得しました。

これはグリーンは三つ目のNBAタイトルです。

デローザンもバブル内の隔離について精神的な犠牲を伴うと話していました。

間違いなく議論されているのはすべての人の精神的な健康だ。 これは新しい挑戦となる。 そのためのリソースを持たないといけない。

現在スパーズはNBA のプロトコールにそって隔離措置を取られていますが、今まで積み重ねてきた経験をもとに乗り越えてほしいですね。

引用記事:

404 - StoryLine

コメント

タイトルとURLをコピーしました