オルドリッジ「ポップと衝突したことがある」

  • URLをコピーしました!

かつてのスパーズの選手であるラマーカス・オルドリッジはサンアントニオに勝利をもたらし、オールスターに選出され、スパーズをプレーオフに導きました。

オルドリッジは「Oddball Hoops」という番組に出演し、引退後にコーチになることは考えられない理由について言及しました。

具体的には自身が選手として取り扱いが難しい存在だったことを指摘しました。

例として、サンアントニオでの経験とポポビッチとの試合終盤の出場時間について言及しています。

特にスコアが大差でリードしているときに、長い間スパーズを指導してきたポップは第4クォーターで彼を出さなかったことについて述べています。

しかしオルドリッジは自分のリズムを保つためにプレーしたいと思っていましたが、長いシーズンを考慮してポポビッチは休養が必要だと拒否しました。

オルドリッジはその時の状況を振り返って話しました。

最初にサンアントニオに行ったとき、その年は60試合勝ったんだ。

それでハーフタイムになると毎回30点ぐらいリードしてたんだよ。

でも第4クォーターに出たくて仕方なかった。

でもポポは拒否して、『いや、4クォーターには出さない』って言ったんだ。

今じゃ全体の状況を理解してるんだ。怪我のリスクを冒すのは賢明じゃなかったかもしれないけど、その時はほんとに腹が立ったんだよ。

ちょっと意見がぶつかることもあったけど、せめて2分でも試合に戻りたかったんだけど、それは叶わなかった。

今じゃ全体の経緯が分かってるよ。

ラマーカス・オルドリッジ

しかし、今振り返ってみれば、ポポビッチが最終クォーターで彼をベンチに座らせた決定は、元スパーズのビッグマンにとって理にかなっていたことが理解できるようです。

選手の休養、怪我のリスクを最小限に抑え、体を長期間にわたって保護することは、ポポビッチの指導スタイルの重要な要素です。


このアプローチは、ティム・ダンカンやマヌ・ジノビリなどの選手がキャリアを延ばすのに役立ちました。
これはまた、ポポビッチがNBA史上最高のコーチと考えられている理由の一つです。


オルドリッジは2015年にスパーズに加入した際に適応期間がありました。2017年にスパーズからのトレードを要求しましたが、その後、ポポビッチとの対話を通じて彼の役割と指導方法をより良く理解しようとしました。


その後、この二人は成功を収めました。

また、オルドリッジはスパーズでコーチングスタッフとして加入することに前向きであるようです。

もしこれが実現すればウェンビーにとってNBAで活躍する上で大きな存在となるでしょう。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次