来シーズンのスパーズでリバウンド王は誰になるか?

  • URLをコピーしました!

バスケットボールの格言の一つに、「リバウンドを制するものは試合を制する」というものがあります。

これは非常に当たり前のことのように思えますが、近年のスモールボールが定着したNBAでは、しばしば見落とされがちです。

昨年サンアントニオ・スパーズはディフェンス面でひどいチームでした。

フランチャイズ史上最悪のディフェンス評価(120)と平均失点123点、リーグで最も高い被3P成功率を許しました。

これらの数字は、チームがディフェンス面で苦労した理由として明確に浮かび上がります。

意外なリバウンドの数字

しかしそのディフェンス戦術の中で見落とされがちなのは、リバウンドの面でもあまり効果的でなかったことです。

スパーズはNBAでディフェンシブリバウンドで23位で、平均31.9本を記録しました。

さらに奇妙なことにオフェンシブリバウンドでNBAで7位(平均11.8本)であり、トータルリバウンドでリーグで12位(平均43.7本)でした。

スパーズは単にオフェンスリバウンドで積極的なチームだったのでしょうか、それともロスターに本当のリバウンドの問題があったのでしょうか?

チーム内で1試合平均7リバウンド以上を記録した選手はいませんでした。

スパーズはシーズン終盤にヤコブ・パートルのトレードやチャールズ・バッシーの怪我でサイズが小さいチームとなりました。

ザック・コリンズやサンドロ・マムケラシュビリなどの選手がリバウンドの役割を担わなければなりませんでした。

来シーズン224cmのビッグマン、ヴィクター・ウェンバンヤマが加入する予定です。

彼の長身はスパーズのディフェンスリバウンドにどのように影響するでしょうか?

それとも、別の選手がサンアントニオのリバウンドするのでしょうか?

次シーズン、スパーズのリバウンドをリードできる可能性のある3人の選手を以下に紹介します。

ヴィクター・ウェンバンヤマ


ミスした後でボールに最も近い位置にいるのは、おそらくリバウンドを取るのに最適な位置です。

少なくとも、スパーズはそれを期待しているでしょう。

ウェンバンヤマのリバウンド能力はそのファンタスティックなプレーの華やかさを超えています。

ウェンバニャマの身長は彼のリバウンド能力に明らかな要因です。

224cmで243cmのウィングスパンを持つウェンバンヤマは、楽々とリバウンドできる体の持ち主です。

しかし、リバウンドは単なる身体の才能だけではありません。

幸いなことに、スパーズにとって、ウェンビーはその自然な能力に付随する無形の要素を持っています。

彼はボールに対する鋭い感覚を持ち、適切なタイミングでゴール下に強く飛び込みます。

フランスでの試合では毎試合のようにサイズがある。選手と対戦しながらも、昨年は10以上のリバウンドを平均しました。

彼のリバウンド能力に対する本当の質問は、NBAのビッグマンのフィジカルな要素とどのように向き合うかです。

彼はスティーブン・アダムス、ヤニス・アンテトクンポ、ヨナス・ヴァランチュナスなどと同じようにペイントエリアで戦えるでしょうか?

もしザック・コリンズがインサイドで対戦相手のビッグとぶつかりながらアウトサイドでプレーしている場合、リバウンドのチャンスを逃すかもしれません。

しかしウェンビーの長身と直感力を考えると、彼が1試合平均7リバウンド未満になるのは難しいでしょう。

ザック・コリンズ


コリンズのシーズンは2つの半分の物語でした。

トレード期限前のスタッツは目立つものではありません。ヤコブのトレード後のスタッツはスターターとしての役割を果たす準備ができていることを示しています。

今シーズン、さらに多くの責任を負う機会があります。

オールスターブレイク後、コリンズは1試合平均7.9リバウンドを記録しました。

シーズン全体では平均6.4リバウンドでした。

コリンズは昨シーズンの終盤、スパーズのオフェンスにおいてメインオプションでした。

もしウェンバンヤマがアウトサイドでのプレー時間を増やすなら、コリンズはペイントエリアでチームを支える必要があります。

グレッグ・ポポビッチはコリンズのペイントエリアでの「荒々しさ」を賞賛しました。

スパーズはリーグ内のスタービッグマンに対抗するためにコリンズのフィジカルな要素を必要とするでしょう。

スターターとして、チームのペイントエリアでの存在感を高めるために、コリンズは2023-24シーズンでも良いリバウンドパフォーマンスを示す可能性があります。

チャールズ・バッシー


昨シーズン欠場に追いやられた膝の怪我から完全に回復していれば、バッシーはスパーズの最高のリバウンダー候補の一人でしょう。

統計的にバッシーは昨シーズンチーム内で最も強力なリバウンダーでした。

彼は平均5.5本を記録し、チーム内でのリバウンドの割合(プレイヤーがフロア上で総リバウンドを獲得する割合)はチームトップの20.7%でした。

バッシーは高いモーターを持ち、フィジカルな存在感を持つアスリートです。控えのビッグマンとして、彼はペイントエリアでのディフェンスとリバウンドを担当することになるでしょう。

昨年のパフォーマンスを考えると、彼がその役割をうまく果たすと期待されます。

来季こそペイントエリアで優位に立つチームの復活を期待します。

引用元:POUNDING THE ROCK

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

コストと味のベストバランス!REYSのホエイプロテイン

【カフェオレ味がオススメ!】

YouTubeもやっています。

SPURS-GYM チャンネル

皆さんのおかげで継続できています!

マッツのほしいものリスト

たまにポチっとお願いします!

NBAランキング
NBAランキング

ブログ村

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次