チームメイトがトレ・ジョーンズを絶賛 | 【NBA】SPURS-GYM

チームメイトがトレ・ジョーンズを絶賛

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズのルーキーガード、トレジョーンズはまだNBAのレギュラーシーズンデビューを果たしていませんがジョーンズのプレー、労働倫理、考え方はジョーンズをチームの資産にするでしょう。

チームメイトから早くもジョーンズは信頼を得ています。

ヤコブはジョーンズを絶賛しています。

トレはとてもしっかりしていると思う。本当にフロアを走る。チームメイトを正しい場所に連れて行く。ボールを動かし、仲間を見つけ、そして正しいパスを出す。真のポイントガードだ。彼にとって、NBAバスケットボールがどのようにプレーされるかを学ぶことは彼にとって本当に重要になるだろう。今自分でそれを理解しようとしているけどそれを理解するとすぐに、私たちを助けることができると本当に思うよ。

ジョーンズは2020年のNBAドラフトで41位に選ばれ、ディフェンダーたしてNBAに参加しました。

ジョーンズは2020年にACCディフェンシブプレーヤーオブザイヤーに選ばれ、デュークでの最終シーズンを平均16.2ポイント、6.4アシスト、4.2リバウンドで終えました。

ジョーンズはまた大学での2年間で平均1.8スティールを記録しました。

そのディフェンシブな考え方は、チームメイトのロニーの目に留まります。

トレは素晴らしいディフェンダーだ。90フィートのフルコートを毎日、いつでも動き回っていて一貫性を保っている。

本質的に真のポイントガードだ。

トレは得点を狙っていない。他の人を探している。正しいやり方でプレーしている。

一貫してジムに来ている最初のメンバーの一人。そのような考え方を持ったルーキー、特にポイントガードがいるのを見て本当にうれしい。

このチームのリーダーになろうとしている。チームを本当によく見えている。やるべきことをしている。

プロセスに向かうために正しいことをしている。

ロニーは、ジョーンズのプロ意識とチームリーダーになりたいというアプローチに注目してあます。

真のポイントガード

ジョーンズのチームメイトからの一般的な説明が1つあるとすれば、彼らはトレを「真の」ポイントガードと見なしているということです。

ジョーンズがオープンなプレーヤーを探していて、そのパスファーストの考え方を持っていることに気づきます。

ルーキーにとって、彼が経験する必要がある学習期間はまだあります。

現在のロスターに追加すると、ローテーションでジョーンズの前の位置にプレーヤーがいて、NBAゲームの適応、順応、およびピックアップは、特にポイントガードスポットでジョーンズにとって非常に重要です。

プレシーズンではジョーンズは1試合あたり平均7.8分の出場で1.3ポイント、1.7アシストを記録しています。

これはサンプルサイズが小さいですが、サンアントニオでの彼の近い将来に関してより大きな問題があります。

サンアントニオ or オースティン

彼がフルシーズンサンアントニオのロスターに残っているのか、それとも最終的にオースティンスパーズと一緒にGリーグに加入して成長するのかは、未解決の問題です。

スパーズのルーキーが経験する優先順位リストではGリーグでの開発が高いので、ジョーンズがオースティンチームと一緒にいることに気付いたとしても驚くことではありません。

そのルートはデリック・ホワイトやデジョンテ・マレーなどの他のスパーズのポイントガードに利益をもたらしたため、ジョーンズにとって最善かもしれません。

ルディはジョーンズの競争を受け入れる姿勢を高く評価しています。

トレは競争相手だ。ディフェンダーだ。これからも良くなっていく。彼は若い。教えることができないことの1つは競争力であり、それを受け入れました。トレと協力することで、ゲームに関するすべてが構築される。かなりやる気もあるしプレーする準備もできている。

レギュラーシーズンを開始するための時間がないにもかかわらず、ジョーンズのチームメイトは、ルーキーから素晴らしい姿勢を感じています。

チームに不可欠な存在となるのは時間の問題です。

引用記事:foxsanantoio


 

カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました