ブラウンAC「育成が楽しみ」 | 【NBA】SPURS-GYM

ブラウンAC「育成が楽しみ」

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオ・スパーズは来シーズン、ブレット・ブラウンコーチを呼び戻し、グレッグ・ポポビッチHCとともにアシスタントコーチを務めることになりました。

ブラウンは以前2002年から2013年までの11シーズン、アシスタントコーチを務めました。

1999、2003、2005、2007年にNBAタイトルを獲得したスパーズチームのメンバーでした。

そして数年間フリーとしての立場を離れていたブラウンは、再びコーチングに戻ることを熱望していました。

「The Rights To Ricky Sanchez」という番組のインタビューで、ブラウンはNBAに戻り、かつてのチームに再び参加することについて話しました。

またコーチをしたいんだ。競争が恋しい。バスケットボールのコーチングが好きなんだ。

それは僕が一番知っていることだ。

まだ提供できるものがあるといいんだけどね。

デジョンテのトレードは加入を交渉中に起きたから驚いたね。

残念だけど仕方ない。

私はより賢く、より良く、より強くなって戻ってこられると思うよ。

物事の流れを沿ってコーチングするのを助けられると思うよ。

僕は(選手の)育成が大好きなんだ。

コート上の選手たちとジムに戻り、選手たちを助けることを本当に、本当に楽しみにしているんだ。

ブレッド・ブラウン

【 最強栄養パン!BASE FOOD 】

育成に定評があるブラウンAC

2013年にスパーズを退団した後、シクサーズのヘッドコーチに就任し、再建の一翼を担いました。

チームは負傷したジョエルエンビード、若いベンシモンズと将来のために再構築しました。

同様のシナリオはこれこらのスパーズで展開されます。

ポポヴィッチHCとは以前から復帰について話をしており、たまたまフランチャイズリセットのタイミングと重なりました。

ブラウンACはサンアントニオの若い選手の育成に力に貸すことができると感じており、フィラデルフィアでの彼の経験が役立つことができます。

ブラウンACは、スパーズのシステムに精通し、ゲームにポポビッチのアプローチに精通しています。

またNBAやオーストラリアでのコーチ経験も豊富です。

1993年にノース・メルボルン・ジャイアンツのヘッドコーチに就任し、ジャイアンツを全豪選手権に導いた後、1994年にNBLコーチ・オブ・ザ・イヤーの栄誉を手にしました。

また、2009年から2012年までオーストラリア代表チームのヘッドコーチを務め、2012年夏季オリンピックではオーストラリア代表を率い、2019年から20年にかけても再びヘッドコーチを務めました。

シクサーズのように若手の成長を進めてPOに返り咲けるようにサポートしてほしいですね。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

コービー・ブライアント列伝



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました