来シーズンのスパーズは何勝できる?〜 ブックメーカーの予想〜 | 【NBA】SPURS-GYM

来シーズンのスパーズは何勝できる?〜 ブックメーカーの予想〜

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオスパーズは今年のオフシーズンに、フランチャイズのリセットボタンを押しました。

長年スパーズを支えてオールスターに成長したデジョンテ・マレーをトレードして、 多くの指名権を獲得しました。

またポテンシャルの開花を期待されていた、ロニーウォーカーⅣはレイカーズへ移籍しました。

チームはドラフトで3人の19歳の選手を指名して、リーグでも最年少に近いロスターを構築することとなりました。

この動きを見ると来シーズンのスパーズの見通しは暗く、 勝利数を重ねることができるかが疑問です。

そしてNBAのブックメーカーも同意見です。

NBAベットは来シーズンにおける各チームの勝利数を予想しましたが、サンアントニオスパーズは23.5勝という予想でした。

将来の礎を築くシーズン

サンアントニオスパーズは将来の為に着々と準備を進めています。

来シーズンのチームはおそらくジョシュアプリモを中心として、 多くの若手選手達に出場時間を与える、育成のシーズンとなるでしょう。

また、チームはケルドン・ジョンソンと 4年契約を結んだため彼をチームの中心に据えることとなるでしょう。

先日のインタビューでケルドンは来シーズンもチームとしては 戦える自信はあり、また play in 争いができれば良いと考えているようです。

新シーズンが勝ち星に恵まれなければ、スパーズはドラフト1位指名が予想されるフランスのビクター・ウェンバニャマを狙う可能性がありましす。

Wembanyamaは素晴らしいサイズ、スキルセット、若さ、そして次の “フランチャイズタイプ “のプレーヤーと考えられています。

ASVELでの昨シーズンは、1試合平均6.5得点、1.9ブロック、3.8リバウンド、FG成功率37%を記録しました。

また2022年には2年連続でLNBプロAベストヤングプレーヤー賞を受賞しています。

チームのオーナーを務める元スパーズのレジェンド、トニー・パーカーはWembanyama について話しています。

彼はガードのように走り、ガードのようにシュートを打つが、7-2で信じられないほどのウィングスパンがあり、非常にユニークだ。

将来がかなり楽しみだ」

トニー・パーカー

ちなみに昨シーズンのスパーズは開幕前に28.5勝と予想されていましたが、結果34勝を挙げプレイイントーナメントに進出しました。

来シーズンも予想を上回る可能性があります。

完全に再建に走るのかチームの競争力を上げるのか、チームの将来の為に適切な判断をして欲しいですね。

引用元:KENS5

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

  1. パパさん より:

    来季はタンクすべきシーズンになるので、中途半端に勝つのが一番マズイ事ナンデス。ポップは若手の育成を楽しみにしているとの事ですが、ゲームに勝たない形で若手に経験と成長を促せたらベストですよね。兎に角中途半端が一番最悪デス!
    マラカイとウェスリーはルーキーシーズンから活躍しそうですね!ソーハンはどうなんでしょうか。トレーニングキャンプやプレシーズンでは実力の片鱗位は見せて欲しいてすね。

タイトルとURLをコピーしました