スパーズ通知表2021 # 15 クインダリー・ウェザースプーン | 【NBA】SPURS-GYM

スパーズ通知表2021 # 15 クインダリー・ウェザースプーン

スポンサーリンク
SASコラム

スパーズ通知表はついに最後のひとりになりました。

2年目のコンボガード、クインダリー・ウェザースプーンです。

今シーズンの成績

24歳のウェザースプーンは20試合に出場し平均6.1分の出場時間で2.3ポイント、0.6リバウンド、0.4アシスト、0.4スティール、FG成功率45.7%、3P成功率16.7%、FT成功率81.3%を記録しました。

ベストゲーム

ベストゲームはサンズ戦です。

最終クォーターにチームを率いました。

良かった点

最終戦に爪痕を残す

今シーズンはウェザースプーンにとって 苦しいシーズンでした。

出場した試合はほとんどがガベージタイムでした。

オーランドバブルではバックアップPGとして安定した働きをしていましたが、膝を負傷した後オフシーズンに手術を行いました。

その影響で開幕から離脱が続いていました。

また 前半戦の半ばで復帰した直後にコロナウイルスの陽性プロトコールで離脱 しました。

そのためオースティンでもほとんどプレイができず、コンディションに苦しみました。

それでも最終戦のサンズ戦では、最終クォーターに11ポイントを挙げました。

ミドルレンジとアウトサイドから高確率に得点を沈めました。

ハンドラーとしてプレイできることを示しました。

改善が必要な点

シューティング&ファウルトラブルに苦しむ

大学時代はスコアリング能力が高いコンボガードとして評価が高かったウェザースプーンでしたが、NBAレベルでは苦戦しました。

度重なる怪我の影響もあり、アウトサイドシュートが安定したシーズンはありませんでした。

また昨シーズンオースティンスパーズではペリメーターディフェンダーとして評価が高かったですが、NBAレベルではスピードに対応できませんでした。

ハンドチェッキングでファウルトラブルに陥ることが多く、うまく機能できませんでした。

特にそれを決定付けたのが快勝したホークス戦でした。

4Qからガベージタイムに突入してプレイ時間を貰いましたが、立て続けに6つのファールで退場になりました。

その後トレの台頭もあり信頼を勝ち取ることできませんでした。

総合評価

総合評価:E

今シーズンは不運の連続でした。

またトレの台頭により、かなり厳しい立ち位置になり、不完全燃焼のシーズンとなりました。

今後の展望

スパーズはオフシーズンに契約延長せず、ウェザースプーンは制限なしのフリーエージェントとなりました。

サマーリーグではブルックリンネッツの一員としてプレーしましたが、契約はもらえませんでした。

コンディションを整えてまたNBAに挑戦してほしいですね。

応援しています!

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました