スパーズが強豪に復活するための武器 〜 コーナー3 〜 | 【NBA】SPURS-GYM

スパーズが強豪に復活するための武器 〜 コーナー3 〜

スポンサーリンク
SASコラム

今シーズンのサンアントニオスパーズは若手主体に切り替え、様々な変化が見られてきました。

また強豪チームに復活するための新しい一歩を進み出しています。

様々な変化が見られていますが、1つ期待したい変化があります。

それはコーナー3の復活です。

スパーズが編み出した戦術

2000年代前半のサンアントニオ・スパーズの圧倒的な強さを見てきた方なら、スパーズがコーナースリーでどれほどの破壊力を持っていたかを知っているでしょう。

ブレント・バリー、マイケル・フィンリー、ブルース・ボーエンなど、ビッグスリーをサポートする才能ある3ポイントシューターが常に存在していました。

最近ではそのシュートが影を潜めていました。

Stephen Shea氏はShotTrackerに掲載されたコーナー3の出現と使用法に関する記事の中で、スパーズがいかにしてコーナー3を普及させて大成功を収めたかを説明しています。

コーナー3は他のチームが活用し始める前に、サンアントニオに優位性をもたらした。

10年以上にわたり、スパーズはコーナースリーの使用率で常にトップ3に入っていました。

ShotTracker より

近年に目を移すと、サンアントニオではコーナー3はあまり有効に活用できていませんでした。

20年以上ぶりにプレイオフを逃した2019-20年のシーズンでは、1試合あたりのコーナー3アテンプトが6.3回で、リーグで5番目に少ないものでした。

昨シーズンはオーランド・マジック以外のどのチームよりもコーナー3Pアテンプトが少なかった。

今季のスパーズは1試合平均7回のコーナー3Pシュートアテンプトを記録しています。

過去2シーズンに比べれば改善されていますが、NBAの中で5番目に少ない数字です。

コーナー3を復活させる必要がある理由

コーナー3はスパーズのフロアを広げるだけでなく、歴史的にもスパーズの成功に大きく貢献してきました。

ペイサーズ戦で敗れた後、サンアントニオはコーナーからの3P成功率53.1% (26/49)で リーグ1位の数字を記録しています。

ペイサーズ戦ではコーナー3を5/7の高確率で決めました。

オルドリッジとデローザンがチームを去ったことで、若い選手たちはコート上のあらゆる場所からシュートを打つことができるようになり、コーナーから3Pシュートを打てる選手がたくさんいます。

現在のチームではロニー・ウォーカー、ダグ・マクダーモット、そしてケルドン・ジョンソンが、次のコーナーからのボーエンとなる候補としてすぐに思い浮かびます。

ケルドンは今シーズンアウトサイドシュートはまだ不調ですが、オリンピック、プレシーズン、そしてレギュラーシーズンではコーナーからの3Pシュートを決めることができることを示しています。

昨年のチャンピオン、バックスとの試合ではコーナーからのストロークが非常にスムーズになり、クラッチタイムでも1本決めることができました

一方、ダグ・マクダーモットは昨シーズン、コーナー3P成功率42.4%、その前のシーズンは43.1%を打ちました。

ロニーもコーナー3P成功率35.4%、34.5%を記録しています。

フォーブスは昨シーズンミルウォーキーでコーナー3P成功率45.5%を記録しています。

これだけ多くのアタッカーが常にペイントを探り、ショットをセットアップしようとしているため、スパーズはコーナーからの3Pシュートを増やすことで、コートをさらに広げることができます。

願わくばポップがかつてのスパーズの圧倒的な強さを支えたショットをもっと取り入れて、スパーズを昔のように戻す機会をもっと見つけてほしいですね。

引用元:Air Alamo

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

10月13日発売!NBA2022-23シーズン・コンプリートガイド



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました