新シーズンはセカンドユニットにかかっている? | 【NBA】SPURS-GYM

新シーズンはセカンドユニットにかかっている?

スポンサーリンク
SASコラム

サンアントニオ・スパーズはおそらく他のどのチームよりも、ベンチに大きく依存しています。

しかし例年とは異なりパティ・ミルズとルディ・ゲイの離脱により、ベンチは多くの不確実性に直面しています。

過去4シーズンのうち3シーズンはベンチポイントで4位だったことを考えると、昨シーズンのセカンドユニットの主要なスコアラー2人を失ったことは、パッとみると確かに痛手です。

サンアントニオのリザーブメンバーは、これまでのスパーズにあったような継続性や経験、そして才能に欠けていますが、期待以上の力を発揮することができます。

主力選手がいなくなったことで、他の選手にも活躍の場が広がります。

では、なぜ今シーズンのスパーズのベンチが驚くような活躍をするのか、その理由を考えてみましょう。

 

NBA観戦と相性抜群!楽天モバイル!

ベンチの層の厚さが成功に重要な理由

ブリン・フォーブス、ロニー・ウォーカー、デビン・ヴァセル、サディアス・ヤング、ドリュー・ユーバンクスは、サンアントニオのセカンドユニットメンバーとして活躍が期待されており、個人としてもユニットとしてもインパクトを与えることができます。

フォーブスは一昨年、先発シューティングガードで出場してディフェンスで攻められることが多かったです。

しかし、今回はリザーブとしてより限定的な役割を担うことになります。

セカンドユニットでは、ディフェンスの負担を軽減しつつ、ホットなスコアリングが可能なシャープシューターとしてチームに貢献してくれるでしょう。

ロニー・ウォーカーは瞬時にゾーンに入ることができるスコアラーとして同様の可能性を秘めていますが、有能なプレイメーカー、さらには優れたディフェンダーに成長することも可能です。

パティがいなくなった今、ロニーはチームの次のシックスマンとして登場する可能性が最も高いと思われます。

昨シーズンは、1試合25.4分で11.2得点の好成績を残しました。

今シーズンはよりボールを持てるようになれば、さらに活躍できるでしょう。

デビン・ヴァセルはフォーブスとロニーと一緒にセカンドユニットに入る可能性が高く、サマーリーグとトレーニングキャンプで印象的な活躍をしたことから、大きなシーズンに向けて準備ができているようです。

ヴァセルは2020年のドラフトで全体11位に指名された後、すぐにスパーズのローテーションに加わり、スマートなディフェンスと有能なシューターとしてチームに貢献しています。

2年目の今シーズンは、オフェンス面での役割を拡大し、過小評価されているシュート力を披露する機会がありそうです。

デマー・デローザンとのトレードでシカゴから獲得したヤングについては、今シーズンベンチからの重要な選手として活躍する可能性があります。

実際彼の多才さを考えれば、バックアップパワーフォワードとしてルディよりもアップグレードできる可能性が高いです。

様々な方法で得点を稼ぎ、複数のポジションを守ることができ、さらに他のスパーズ選手のオープンショットを助けるセカンダリープレイメーカーとしての役割も果たします。

その結果、彼はセンターでプレーしながら、スターターと一緒に接戦時のラインナップに加わることもできます。

ユーバンクスは、バックアップセンターとして、ベンチの重要なオプションにもなります。

ユーバンクスは4年目の今シーズン、3ポイントシュートの練習を重ねる一方で、ロールマンやロブでチームに脅威を与えています。

ストレッチ5として活躍すれば、チームで最も攻撃的なビッグマンになる可能性があります。

リーグ平均よりも層が厚い


スパーズには先ほど紹介した選手以外にトレ・ジョーンズ、ジョシュ・プリモ、ジョック・ランデール、ザック・コリンズなど、実力のあるベンチのオプションが多数あります。

トレ・ジョーンズは、確かなショットクリエーターであり、ディフェンダーでもあるので、スポットタイムで実力を発揮できるでしょう。

一方2021年のドラフト全体で12位に指名されたプリモは、優れたシューターであり、有能なディフェンダーであることをすぐに証明し、さらにプレイメイキングの可能性も秘めています。

ランデールはNBLでプレーした後に契約した選手で、シャープなシュート力を持つセンターとして、チームに有用なストレッチ5の要素を加えることができます。

コリンズは元ロッタリーピック選手で、ポートランド時代は健康を維持できませんでした。

しかし健康状態が良ければ、サンアントニオにベンチからテクニックに長けたフロントコートを提供することができるでしょう。

KBDはチームに加入した当初と比較すると徐々に持ち味を発揮しています。

攻守共に戦術の理解度が高くチームに必要な ことを高いレベルで行うことができます。

潤滑油のような働きが期待できます。

ゾロ目の日セールは買い時!紹介コードPBY4-R1でさらにお買い得!

ラインナップの選択肢が豊富に

ベンチが充実しているので、グレッグ・ポポビッチ監督には多くのラインナップの選択肢があり、組み合わせも自由自在です。

例えば、プレシーズンではデリック・ホワイトやデジャンテ・マレーをセカンドユニットに組み込んで、フォーブス、ロニー、ヴァセル、ヤングと一緒にプレーさせる実験をしています。

このラインナップは3人のプレイメーカー、数人の優れたシューター、アスレチック能力、そして堅実なディフェンス力を備えており、興味深い可能性を秘めています。

逆に言えばフォーブス、ロニー、ヴァセル、ケルドン、ユーバンクスといったスターターを欠いた状態でプレーしても、スパーズは自分たちの力を発揮できるはずです。

このユニットには実績のあるスコアラーはいませんが、ロニーはヴァセルと同様にオフェンス面での脅威となる可能性があります。

フォーブスがアウトサイドからスコアリングして、ヤングはポストアップ、ドライブ、ミッドレンジジャンパー、フローターなどで得点でき、ユーバンクスはペイント内で効果的に得点できます。

怪我人が出たときにどう対応するか?

スパーズベンチ層の厚さはチームが負傷者に対処するのに役立つ可能性があります。

昨シーズン、サンアントニオのプレーオフ進出の可能性は、ホワイトの複数の負傷によって挫折しました。

彼や他のスターターが長期に渡って故障するようなことがあれば、サンアントニオは昨シーズンよりも良い準備ができるでしょう。

ヴァセルを先発に起用し、プリモがバックアップに回ることも可能です。


またマレー、マクダーモット、ヤコブなど他のスターターが負傷した場合でも、同様の柔軟性があります。

マレーが欠場した場合、マクダーモットが出場できなければトレジョーンズを、ヤコブが出場できなければユーバンクスを起用するかもしれません。

全体的に見て、スパーズは負傷者が出ても対応できる体制を整えているようで、これはベンチが充実していることの重要な利点である。

スパーズのファンは、今シーズンのリザーブ選手の活躍から目が離せないでしょう。

しかし、サンアントニオのベンチは驚くほど充実しており、チームの成功に欠かせない存在となるでしょう。

引用元:Air Alamo

 

自宅トレにおすすめ!かなり身体が引き締まりました。


カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました