ベッキーがWNBAのエースズのHCに就任 | 【NBA】SPURS-GYM

ベッキーがWNBAのエースズのHCに就任

スポンサーリンク
SASコラム

The AthleticのShams CharaniaとChantel Jenningsのレポートによると、サンアントニオ・スパーズのアシスタントコーチ、ベッキー・ハモンは、WNBAのラスベガスエースの次期ヘッドコーチになる契約に合意間近と報じられました。

最終的にベッキーはラスベガス・エースズと5年契約を結びました。

契約金額はWNBAのコーチングスタッフで最高額とのことです。

スパーズには今シーズン終了まで所属する予定です。

ベッキーは以前所属していたニューヨーク・リバティーに勧誘されていると報道されていましたが、最終的には元サンアントニオ・シルバースターズのエースズに着任することになりそうです。

最近のインタビューで、ベッキーはニューヨークの元チームからHCを打診されたことについて聞かれ、WNBAに戻るというアイディアに前向きな姿勢を見せました。

私のドアはオープンです。私も女子バスケに戻ってくることにドアを閉じたことはない。

「私がどうするかは私の心がわかる。」

これが私のルーツなんです。

私はどんな機会にも扉を閉ざすことはありません。もし私がWNBAに戻ったら瞬きもしないでほしいね。


この状況は一歩下がったとは思ってないし、そうではありません。これは方向転換。バスケットボールでいうとピボットと同じようなものだよ。

ベッキー・ハモン

ベッキーは当時のサンアントニオ・スターズでの経験を経て、2014年にスパーズのコーチングスタッフにアシスタントコーチとして参加しました。

以来、2015年にNBAのサマーリーグで史上初の女性ヘッドコーチとなり、同夏にチームをサマーリーグ優勝に導くなど、多くのマイルストーンを達成しています。

2016年には女性として初めてNBAオールスターのコーチングスタッフの一員となり、2020年にはグレッグ・ポポビッチが退場した際にNBA史上初の女性ヘッドコーチ代行となった。

ベッキーはこれまでマレーの成長に大きく尽力しました。

ポポビッチがバスケットボール界から引退した場合、サンアントニオの次期ヘッドコーチに彼女を推す声も多かった。

WNBAへの移籍は、彼女が将来NBAのヘッドコーチになるための扉を閉ざすものではありません。

サンアントニオを去ることはとても残念ですが、新しい船出を応援していきたいです。

また5年後に San Antonio に戻ってきてほしいですね。

今までありがとうございました!

引用画像:San Antonio Spurs Photo Galleries

YouTubeもやっています!

SPURS-GYM Channel

9月16日発売!ヤニス 無一文からNBAの頂点へ



カンパしていただけるとすごくモチベーションが上がります!

たまにポチっとしていただけると嬉しいです ▼

NBAランキング

にほんブログ村 その他スポーツブログ NBAへ
にほんブログ村

#NBA

#バスケットボール

#サンアントニオ・スパーズ

#GO SPURS GO

コメント

タイトルとURLをコピーしました