今シーズン活躍した3人の元スパーズ戦士

スポンサーリンク

スパーズは今年非常に苦戦したシーズンとなりました。この困難は他の元スパーズのプレーヤーが他のリーグで活躍して成功していることで増幅されました。

組織として過去20年間に得た成功の一部を切り捨てようとする失敗続きのフロントオフィスが明るみに出てきました。

私たちがこれから見るプレーヤーは、スターとは見なされません。

彼らはチームにとって最高で3番目の選択肢でした。

今年のいずれか1人がチームにいれば、スパーズを助けることができたでしょう。

スポンサーリンク

ジョージ・ヒル(バックス)

しばらくの間、ジョージ・ヒルはスパーズでお気に入りの選手でした。2009-10シーズンにパーカーが怪我を負ったときに引き継いだとき、グレッグ・ポポビッチはヒルをどれほど好きであったかについて非常にオープンでした。

彼がブリーチャーレポートでジョナサン・エイブラムス に言ったように,スパーズはインディアナ・ペイサーズとのトレードに当時未知数だったルーキーのカワィ・レナードとのトレードのためにお気に入りだったプレーヤーを引き離すことを怖がっていました。

将来的にはお互い成功を収めました。

彼がスパーズを去った後、ヒルはインディアナ、ユタ、サクラメント、クリーブランド、そして現在はミルウォーキーに移籍してリーグを一周しました。彼をグレッグ・ポポビッチのお気に入りにした同じ特徴は、キャリア全体を通してスターティングガードまたはキーリザーブとしての地位を維持するのに役立ちました。

スパーズでの在職中の早い段階で、ブルース・ボーエンはヒルに3ポイントショットを開発する必要があることを明らかにしました。ヒルはそのアドバイスを心に留めた。彼は3年間の平均3P成功率は38.5%で、シーズンが中断される前は48%でリーグをリードしていました。

すべてのスパーズの選手と同様に、ヒルが出場時間を確保するためにディフェンスをプレーすることが必要でした。

それは現在も継続しておりバックスがバックコートに負傷した選手が出ても、NBAで最高のディフェンス力を持っています。

彼の好守のインパクトは、3Pシュートとペリメーターディフェンスに一年中苦しんでいたスパーズにとっては不思議でした。

アーロン・べインズ(サンズ)

今年起こった他の奇妙なNBAストーリーの中で、フェニックスサンズは5-2から始まり、彼らはプレーオフの候補になる可能性があるという話がありました。

かつてのナンバー1ピックであったDeandre Aytonが出場停止している間、彼らは成功を収めたため、「サンズ はDeAndre AytonよりもAron Baynesの方が良いのでは?」という奇妙な現象がありました。

サンズはベインズの方がエイトンよりも確かに優れているわけではないが、NBAのほとんどすべてのチームは、ベインズのようなプレーヤーとチームを組むほうがよいと主張します。

彼はビッグマンに必要なスキルとユニークな武器を持っています。

スパーズが2014年にタイトルを獲得するのを手伝った後、ベインズはサンアントニオを去った後、アウトサイドシュートを磨きました。

ベインズは今年、3P成功率35%を記録しました。

1試合で35ポイント、15以上のリバウンド、9本の3ポインターを記録した唯一のプレイヤーとしてジェームズハーデンに加わりました。

オルドリッジが12月中旬から3Pを打つようになるまで、ペイントのスペーシングに優れたビッグマンがいませんでした。

ベインズはゲームのその側面をもたらしていたでしょう。

デイビス・ベルターンス(ウィザーズ)

NBAでトップクラスのアウトサイドシューターを放出して、135分しかプレーできずにバイアウトしてライバルのロケッツに移籍したキャロルに代わりました

スパーズ史上最悪の移籍の一つになりました。

スパーズと一緒だったときは

3ポイントシューティングゲームのメインプレーヤーとして知られていました。

スパーズは昨年の3ポイントの試投数で最下位に近かったにもかかわらず、リーグで最も正確な3ポイントのシューティングチームであったため克服することができました。

ベルターンスのデッドアイシューティングは、その大きな部分を占めていました。

ワシントンウィザーズでの最初のシーズンで、ベルターンスはスパーズファンと熱心なNBAジャンキーのみが知っていた男から、3Pシューターとして全国区で知られている選手になりました。

正確さを犠牲にすることなく3P決定数ををほぼ2倍にし、スコアリング平均もほぼ2倍にしました。

マーカス・モリスデマール・キャロルの現在の状況をみると顔を覆いたくなります。

このような極端なレベルで損をしたのはスパーズの歴史でトップクラスの損失になっています。

良い知らせは、ベルターンスがこの夏、無制限のフリーエージェントになることです。

スパーズには、必要に応じて連れ戻すチャンスがあります。

ブレイクアウトシーズンの後なのでスパーズは多額の費用をかけてベルターンスを彼のキャリアが始まった場所に戻すことができるでしょうか…

誰もが間違いを犯し、誰もが良いものを脱落させます。

これらのプレーヤーの何人かはビジネスを行うためのコストでしたが、彼らがまだチームにいれば、すべてサンアントニオスパーズシーズンに大きな影響を与える可能性がありました。

しばらくこのようなことが無いように慎重にマネジメントしてほしいですね。

引用記事

3 Former San Antonio Spurs who would have been helpful this year
These three former San Antonio Spurs all would have been able to help the team if they had still been on the roster this year The saying "you don't kn...

タイトルとURLをコピーしました